【レシピを見なくても作れる!】マシュマロを使った「スイーツ&おつまみ」

とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワジワと人気を獲得中。この「フラフ」を使えば、スイーツからおつまみまでを簡単に作ることができるんです。

アメリカでは
定番中の定番なんです

「フラフ」は、アメリカで昔から愛されているマシュマロクリーム。こんなパッケージに入っています。

パンに塗ったり、お菓子作りに使ったり、コーヒーやココアに浮かべて楽しむのが、本国の家庭では定番の楽しみ方。

ふわふわとした食感と甘い香りが堪りません! 日本でも輸入食材を扱っているスーパーやインターネットで購入できます。

01.
甘じょっぱさがクセになる
「フラフのベーコンチーズサンド」

「フラフ」を塗ったクラッカーに、ベーコンとチーズを挟んで軽くトースターで焼くだけ。

えっ、ベーコン? と思うかもしれませんが、この甘じょっぱさはクセになります。週末、お酒を楽しむ際のフィンガーフードにオススメです。

02.
何につけても美味!
「チーズ&フラフのディップ」

「フラフ」にクリームチーズ、レモン汁を混ぜるだけのディップです。

クラッカーにのせたり、シフォンケーキに添えたり。爽やかな甘みは、何と合わせるか迷ってしまうほど。もちろん、そのままでも美味しいですよ。

03.
カリカリふわふわの食感
「フラフとナッツのクランチ」

「フラフ」とナッツを混ぜ、冷やして固めるだけ!

ナッツのカリカリの食感にフラフのふわふわ感が絶妙のバランス。ナッツがない場合は、柿の種で代用してもイケます。

塗るマシュマロ「フラフ」。パンに塗る以外にも使い勝手がいいんです。いろいろな楽しみ方を試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
モコモコのマシュマロがこんがり焼けたデザートを紹介します。北大西洋に浮かぶバミューダ諸島が発祥といわれる「スイートポテト・キャセロール」。じつはこれ、アメ...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
ここ数年で続々オープンし、いまだに行列が途絶えないというポップコーン専門店。どのお店もとっても美味しくて、人気があるのも頷けます。だけど、行列に並ぶのはち...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
「Food52」から気軽に作れるパンナコッタのレシピをご紹介。ウコンやナツメグ、シナモンを用いて甘すぎない、ちょっぴりスパイシーな仕上がり。包丁も使わない...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...