【レシピを見なくても作れる!】マシュマロを使った「スイーツ&おつまみ」

とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワジワと人気を獲得中。この「フラフ」を使えば、スイーツからおつまみまでを簡単に作ることができるんです。

アメリカでは
定番中の定番なんです

「フラフ」は、アメリカで昔から愛されているマシュマロクリーム。こんなパッケージに入っています。

パンに塗ったり、お菓子作りに使ったり、コーヒーやココアに浮かべて楽しむのが、本国の家庭では定番の楽しみ方。

ふわふわとした食感と甘い香りが堪りません! 日本でも輸入食材を扱っているスーパーやインターネットで購入できます。

01.
甘じょっぱさがクセになる
「フラフのベーコンチーズサンド」

「フラフ」を塗ったクラッカーに、ベーコンとチーズを挟んで軽くトースターで焼くだけ。

えっ、ベーコン? と思うかもしれませんが、この甘じょっぱさはクセになります。週末、お酒を楽しむ際のフィンガーフードにオススメです。

02.
何につけても美味!
「チーズ&フラフのディップ」

「フラフ」にクリームチーズ、レモン汁を混ぜるだけのディップです。

クラッカーにのせたり、シフォンケーキに添えたり。爽やかな甘みは、何と合わせるか迷ってしまうほど。もちろん、そのままでも美味しいですよ。

03.
カリカリふわふわの食感
「フラフとナッツのクランチ」

「フラフ」とナッツを混ぜ、冷やして固めるだけ!

ナッツのカリカリの食感にフラフのふわふわ感が絶妙のバランス。ナッツがない場合は、柿の種で代用してもイケます。

塗るマシュマロ「フラフ」。パンに塗る以外にも使い勝手がいいんです。いろいろな楽しみ方を試してみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
モコモコのマシュマロがこんがり焼けたデザートを紹介します。北大西洋に浮かぶバミューダ諸島が発祥といわれる「スイートポテト・キャセロール」。じつはこれ、アメ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
ここ数年で続々オープンし、いまだに行列が途絶えないというポップコーン専門店。どのお店もとっても美味しくて、人気があるのも頷けます。だけど、行列に並ぶのはち...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...