金持ちほど、他人が「見えていない」という研究結果

マンガ『ベルサイユのばら』では、貴族のオスカルが初めて平民の少女の家で食事をしたときに、豪華絢爛な宮殿の料理と、味も具もない庶民の家のスープの差に、フランス内の貧富の差を初めて生々しく感じてショックを受けるシーンがある。

これはフィクションの話だけれど、昔から貧しい人と豊かな人がどれだけ別世界にいたのかがわかるエピソードは、世界中にたくさん散らばっている。

じゃあ、今の時代はどうだろう?ネットの普及でだいぶいろんな階層の人がお互いに交流できるようになった。でもニューヨーク大学の研究によると、そんなに変わっちゃいないみたい。

リッチな人には周りが“見えない”

マンハッタンの街で行われたこの実験。<Google Glass>をつけた被験者が街を歩き、どんなものに無意識に目をむけるかをチェックするというものだ。そして彼らが「自分はどのくらいの経済的地位にいると考えているか」についても質問をして、目線と経済的地位の関係を調べたんだそう。

すると、経済的地位が高いと自負している人ほど、路上のホームレスや周りの人に目を配る時間が無意識に短くなっていたんだとか。

無意識に無関心でいること

ポイントは「見てない」じゃなくって「見えない」って点。つまり、別に悪気があるわけじゃないらしいのが興味深い。この原因として考えられることはいくつかある。

まず、お金持ちの人はいろいろなことをしてもらうときに、お金を払って人を雇うことが多いことがそのひとつ。例えば留守にしている間、近所の人に家を「よろしくね」と言わなければならない場合、ご近所づきあいのために普段から人に注意を払わなきゃならない。でもお金持ちは人を雇って警備をつければいいから、特に気にする必要ナシ。実際、お金持ち同士は同じくらいの階級にいても比較的共感力が低いんだそう。

他にも、強者は周囲の状況を気にしなくてもいいけど、弱者は強者や周囲をよく観察していないと生き残れないという、自然界にも似た理由も考えられる。つまりは、強者側には弱者が気にしないければならないことに無関心でいられる「特権」があるとも言えそうだ。

「特権」には気づきにくい?

お金持ちをこき下ろすような研究結果かと思いきや、これ、いろんなことに言えそうでちょっとドキっともしてしまう。

例えば人種差別についての活動家としても有名なウェズリー大学のPeggy McIntoshさんは、白人特権について「目に見えない透明なナップザック」と表現しているし、日本人のパスポートが世界の国々でかなり強力な力を持っているという話も。気にしなくていいぶん、自分の特権には気づきにくいということもこの研究結果から言えるのかもしれない。

関連する記事

完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
性格の良し悪しが、顔に表れるというのは本当だと思う。眉毛の位置とか、目尻が上がってるか下がってるか、とかね。だけど最近発表された論文ではなんと、「お金持ち...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
「アディダス」は、世界中で広がる「Black Lives Matter(黒人の命は大事)」運動を受けて、6月9日に声明を発表。黒人を含む有色人種の地位の向...
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
ちょっぴり過激な実験動画で知られるJohalさん。彼が今回行った実験のテーマは「お金持ちとホームレスのどっちが正直なのか?」。視覚障がい者のふりをしたJo...
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
学術誌『SPPS』にも掲載された「ジョージア大学」の心理学者の研究論文によると、アメリカ人は日本人と比べ、自分を変化させることが幸福度の低下につながってい...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
「京都大学」の「こころの未来研究センター」の千島雄太特別研究員らの実験によると、未来の自分を想像して手紙を書くことで、「現在の状態はずっとは続かない」とい...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
作家兼ブロガーとして活躍中のBen Irwin氏が、金持ちの人は気にもしない、貧しい人の20の真実をまとめています。確かに、述べられているのはあくまでもア...
お金があれば幸せになれる。そう信じてはいませんか?実は、「お金」と「幸せ」は関係ありません。自著『なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないの...
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
重さのある布団をかぶって寝ることで、不眠症やうつ病をはじめとする精神疾患の症状を改善するとの研究結果が報告された。
昨今、牛や鶏などの動物性プロテインに代わる、より地球に優しいプロテインとして注目を浴びている、植物性プロテイン。豆腐などに含まれるそれは、じつは数々の研究...
昨今、「貧しくはないけれどお金持ちとは言えない」、いわゆる中流階級の層が狭まり、二極化が始まっています。お金持ちか貧乏か…もしも、前者を望むのであれば、「...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
どれだけ頑張ってもお金が貯まらない人。一方で、何もしなくてもお金が集まってくる人。この両者の違いは何でしょうか?お金持ちの人たちを調査する中で、ある共通点...