「貧富の差」がよくわかる一枚の写真 地上にいては、気づけないことがある(南アフリカ)

アパルトヘイト(人種隔離政策)が完全撤廃となった1994年からじつに、20年以上の時間が流れ、南アフリカに暮らす白人、黒人コミュニティが互いに歩み寄り、少しずつ関係改善へと向かっています。

けれど、いまだに「持てる者」と「持たざる者」とを隔てる壁は、地上から目に見えている以上に高かった。

上空から見えた
暮らしの格差

テーブルマウンテンや喜望峰など、人気観光地を有するケープタウンの中心街から、およそ38キロ南に下ったマシプメレレ地区。旧黒人居住区にあたり、今もこの狭いエリアには無数の掘建て小屋がひしめき合うように並んでいます。

おそよ38,000人が暮らすこの地域には交番もなく、診療所がわずかに1カ所あるのみ。失業者も多く、HIVや結核を発症している人も少なくないそうです。

そのマシプメレレの目と鼻の先、ミッシェル湖畔(写真右側)には、掘建て小屋を何倍も大きくした豪華な家並が。ザ・レイクスと呼ばれる高級住宅地は、周囲を鉄格子がめぐり、護衛兵が目を光らせる白人たちの居住区です。

湿地帯を隔てて、わずか200メートルの距離しか離れていないんだそう。

地上にいては
見えないことがある

「異なる視点で物事を見ることができるのが、空撮のいいところ。ですが、それは必ずしも美しさばかりではありません。数百メートル上空から、信じられないような不平等さを映し出すこともあるのです」

南アフリカを中心に空中撮影を続けるカメラマン、Johnny Miller氏。地上にいては見えないのが、この国の暮らしの格差だということが分かります。カメラが捉えた経済格差が少しでも縮まるようにと、Johnnyさんは「まず対話が生まれること」を望んでいるそうです。

彼のプロジェクト「Unequal Scenes」から、あなたは何を感じますか?

不平等な現場
「Unequal Scenes」

撮影場所:KYA SANDSとBLOUBOSRANDの境界

撮影場所:STRANDとNOMZAMOの境界

撮影場所:DURBAN METRO周辺

撮影場所:HOUT BAYとIMIZAMO YETHUの境界

撮影場所:ALEXANDRAとSANDTONの境界

撮影場所:PAPWA SEWGOLUM GOLF COURSE周辺

撮影場所:VUKUZENZELEとSWEET HOMEの境界

撮影場所:VUSIMUZIとMOOIFONTEIN CEMETERYの境界

Licensed material used with permission by UNEQUAL SCENES
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
世紀に1度の干ばつを経験した南アフリカで、サボテンを売ることで売り上げを伸ばしたお花屋さんの紹介です。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
南アフリカ共和国のケンタッキーフライドチキン(KFC)の公式ツイッターアカウント。ここが、自社に関係するある話に「フェイクです」と一蹴した出来事がありまし...
ニューヨーク大学の研究によると、経済的地位の高い人ほど街中のホームレスや他人に目をやる時間が無意識のうちに短くなるとのこと。経済的に恵まれている人が周囲を...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
「SONNENGLAS(ソネングラス)」というメイソンジャーをつかったライトです。いろいろと周辺情報が多いプロダクトなので、まとめてみました。
昔っからの街並みを維持し続けるミラノ。2019年に、ある空中庭園が建設されます。