「貧富の差」がよくわかる一枚の写真 地上にいては、気づけないことがある(南アフリカ)

アパルトヘイト(人種隔離政策)が完全撤廃となった1994年からじつに、20年以上の時間が流れ、南アフリカに暮らす白人、黒人コミュニティが互いに歩み寄り、少しずつ関係改善へと向かっています。

けれど、いまだに「持てる者」と「持たざる者」とを隔てる壁は、地上から目に見えている以上に高かった。

上空から見えた
暮らしの格差

2f76f55256f49f2da02f864dea5777d608e6930d

テーブルマウンテンや喜望峰など、人気観光地を有するケープタウンの中心街から、およそ38キロ南に下ったマシプメレレ地区。旧黒人居住区にあたり、今もこの狭いエリアには無数の掘建て小屋がひしめき合うように並んでいます。

おそよ38,000人が暮らすこの地域には交番もなく、診療所がわずかに1カ所あるのみ。失業者も多く、HIVや結核を発症している人も少なくないそうです。

そのマシプメレレの目と鼻の先、ミッシェル湖畔(写真右側)には、掘建て小屋を何倍も大きくした豪華な家並が。ザ・レイクスと呼ばれる高級住宅地は、周囲を鉄格子がめぐり、護衛兵が目を光らせる白人たちの居住区です。

湿地帯を隔てて、わずか200メートルの距離しか離れていないんだそう。

地上にいては
見えないことがある

「異なる視点で物事を見ることができるのが、空撮のいいところ。ですが、それは必ずしも美しさばかりではありません。数百メートル上空から、信じられないような不平等さを映し出すこともあるのです」

南アフリカを中心に空中撮影を続けるカメラマン、Johnny Miller氏。地上にいては見えないのが、この国の暮らしの格差だということが分かります。カメラが捉えた経済格差が少しでも縮まるようにと、Johnnyさんは「まず対話が生まれること」を望んでいるそうです。

彼のプロジェクト「Unequal Scenes」から、あなたは何を感じますか?

不平等な現場
「Unequal Scenes」

834c0f9066105f60f20c9bcde9c174fc016e36f4

撮影場所:KYA SANDSとBLOUBOSRANDの境界

5c6e5dbb4c69992a75010903b1c833e088a6d348

撮影場所:STRANDとNOMZAMOの境界

6b89f2446f84924e9a6bfd676937a5f18d616a43

撮影場所:DURBAN METRO周辺

E456bbb6975e1cb05f4cdeb07fc64936d323f611

撮影場所:HOUT BAYとIMIZAMO YETHUの境界

98575d8ffe58242c0bc2143b2665aa3609634999

撮影場所:ALEXANDRAとSANDTONの境界

F4e3595dc90b34931989fea9ccb27b4e7f0aa329

撮影場所:PAPWA SEWGOLUM GOLF COURSE周辺

Eae65380f5bff08747b6ebe0471745e9082546d5

撮影場所:VUKUZENZELEとSWEET HOMEの境界

Fa76d25fb9ddcccb3e1f1f7b21bf9355dc9bc903

撮影場所:VUSIMUZIとMOOIFONTEIN CEMETERYの境界

Licensed material used with permission by UNEQUAL SCENES
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
ニューヨーク大学の研究によると、経済的地位の高い人ほど街中のホームレスや他人に目をやる時間が無意識のうちに短くなるとのこと。経済的に恵まれている人が周囲を...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
「SONNENGLAS(ソネングラス)」というメイソンジャーをつかったライトです。いろいろと周辺情報が多いプロダクトなので、まとめてみました。
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
おとぎ話の『シンデレラ』から始まり、映画でも『プリティウーマン』や『ノッティングヒルの恋人』など、格差を乗り越えて描かれるラブストーリーはじつに多彩。育ち...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
かっこいいのに頭が良くてモテモテで、社会に出てからも高収入で…なんて人、そうそうお目にかかれるものじゃありません。そもそも「ルックス」「学力」「収入」に相...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...