コロナ禍に「南アフリカ産ワイン」を買うべきたったひとつの理由

世界中に第2波をもたらしているコロナウイルス。その猛威が、南アフリカのワイン業界に大打撃を与えているという。生産現場の活動自粛か、あるいは風評被害などによる影響? 

ソムリエ吉川大智さんより、緊急レポート。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヶ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

 

コロナによる「禁酒令」で、
国内販売が断たれた南アワイン

©Song_about_summer/Shutterstock.com

いま、南アフリカ共和国のワイナリーが悲鳴をあげている。

アフリカ大陸でもっとも新型コロナウイルスの被害を受けている同国。政府は早い段階で徹底した感染拡大防止対策に踏み切り、ロックダウン措置が講じられていた。

ウォーキングやランニングを含む屋外での運動の禁止に加えて取られた措置が、犯罪抑制効果につながるという観点からの「酒類販売禁止」だ。さらには、酒類の国外輸出禁止も(こちらは現在は認められている)。

こうして、一時、販売経路を完全に断たれたワイン業者は窮地に立たされることに。

禁酒令は6月に一度解除となったものの、7月に入って再びアルコール販売が禁止に(対面だけでなくECも不可)。医療システムへの軽減負担をシリル・ラマポーザ大統領は理由に挙げた。

前段が長くなってしまったが、とにもかくにも南アに暮らす人々がお酒を買えない以上、ワイン生産者たちは海外マーケットに頼る他なくなったわけだ。

世界最良のコスパ
地球にやさしいワインづくり

©Quality Master/Shutterstock.com

南アフリカといえば、世界のワイン生産量で見ても毎年7〜9位を推移する主要国のひとつ。西ケープ州を中心に900ほどのワイナリーが点在し、生産規模は世界的に見てもかなり大きいと言える。ちなみに日本のワイナリー数はおよそ300。

なんと言っても、世界最良のコスパこそ南アワイン最大の特徴。

「コスパの高い」ワインというと、真っ先にチリを思い浮かべる人も少なくない。けれど、大規模生産でコストを抑えているチリに対して、南アは小規模生産での丁寧なワイン造りを身上とするワイナリーが多い。造り手のフィロソフィが反映したワインをリーズナブルに楽しめるのが魅力。

南アワインの魅力がもうひとつ。

ワイン産地のうち、じつに9割以上が世界自然遺産の保護区のなかにある。豊かな自然を守っていくため、世界でもっとも地球環境を考慮したワイン産地としても知られている。

いま、僕らが購入することで救えるワイナリーがあるかもしれない。大型スーパーや近所のリカーショップでも気軽に手に入るので、レインボーフラッグを見かけたら、手にとってみてはいかがだろう?

最後にオススメの南ア産スパークリングを1本。

シャンパーニュに劣らないきめ細かく繊細な泡が楽しめますよ。詳しくは以下の記事で!

Top image: © iStock.com/WLDavies
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
ワインソムリエ吉川大智さんに、3000円以下で買えるおすすめワインを選んでもらいました。味よし、コスパよし、おまけに料理との相性もいい。(欲張りすぎ?) ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
「Australia Post(オーストラリア郵便公社)」のキャンペーン「Dear Australia」は、コロナ禍の体験を後世に伝える「手紙プロジェクト...