コロナ禍で生まれた「新しい言葉」まとめ

いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回は新型コロナがきっかけで広がった新しい言葉を紹介したいと思います。

ソーシャルディスタンス

©2020 株式会社ロコタビ

他者との距離=ソーシャルディスタンス

最初は聞き慣れなかった言葉でしたが、今や日常的に使う頻度が高い言葉の一つになりましたよね。

日本では、ソーシャルディスタンスの距離が2メートルで推奨されていますが、じつははその「距離」に、国や地域によって多少の違いがあるのをご存知でしたか?

ソーシャルバブル

©iStock.com/piranka

感染のリスクを一定人数のグループ内のみにとどめる=ソーシャルバブル

日本ではまだあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、abcNEWSやForbesなどの世界のメディアでは、6月下旬ごろからこのアイデアが頻繁に取り上げられているこの言葉。

感染予防と精神安定の両立ができるアイデアとして注目されているのです。

Zumping

© iStock.com/vectorplusb, iStock.com/StudioBarcelona, iStock.com/Ponomariova_Maria

Zoomで別れること=Zumping(ザンピング)

「Zoom」と別れることを意味する「Dumping」を組み合わせた言葉。新型コロナウイルスの感染が拡大し、オンライン通話サービスZoomの使用頻度が上がったことにより生まれた言葉です。

デートもオンラインになれば、別れもオンラインになる。今の恋愛の形を象徴する言葉ですよね。

 

ロックダウンジェラシー

©iStock.com/MangoStar_Studio

特定のモノやコトに対して嫉妬や羨望の感情を抱く=ロックダウンジェラシー

外出自粛期間中に、SNSを使っていて、嫉妬や羨望を覚えた人はいませんか?

例えば、家の中の話でいうと、家族や友だち、パートナーと一緒に住んでいる人が、彼らと楽しそうなことをしている投稿にそういった感情を覚えてしまうなど。

自分の“持っていない”ではなく“持っている”モノやコトに意識を傾ける。それこそが大切みたいですよ。

デジタル時差ボケ

©2020 株式会社インターメスティック

ブルーライトの悪影響で、“昼夜逆転状態”に陥ること=デジタル時差ボケ

20代の有職男女500名を対象におこなったある調査によると、約6割の人が「デジタル時差ボケ」に陥っていることが判明したそう。

新型コロナウイルスによるテレワーク休校の増加に伴い、デジタルデバイスへの接触時間が増加していることが原因のようです。

Top image: © iStock.com/smartboy10
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
「Zoom」と別れることを意味する「Dumping」を組み合わせた言葉「Zumping(ザンピング)」の紹介。
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「インフォデミック」。情報に溢れた今の時代、避けては通ることのできない問題のようです。
ミシュランガイドに掲載され続けているピッツェリアの有名店「PST六本木」が、冷凍ピザの宅配をスタート。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
先行きの見えない新型コロナウイルスの脅威。これをどう受け入れながら日常を送っていくかが、今の時代を生きるボクたちのテーマ。そのなかでカバンの中身もちょっと...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
「Australia Post(オーストラリア郵便公社)」のキャンペーン「Dear Australia」は、コロナ禍の体験を後世に伝える「手紙プロジェクト...
「ザ・ウイスキー・スタジオ」は、ウイスキーに興味のある人や初心者などがウイスキーの楽しさを体感できる定額制サブスクリプションサービス。自宅に毎月テーマに合...
先日お伝えした「グッチ」と「ザ・ノース・フェイス」によるコラボレーションコレクションの一部が「ポケモンGO」にも登場するらしい。実際のコレクションと同じデ...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...