コロナ禍で生まれた「新しい言葉」まとめ

いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回は新型コロナがきっかけで広がった新しい言葉を紹介したいと思います。

ソーシャルディスタンス

©2020 株式会社ロコタビ

他者との距離=ソーシャルディスタンス

最初は聞き慣れなかった言葉でしたが、今や日常的に使う頻度が高い言葉の一つになりましたよね。

日本では、ソーシャルディスタンスの距離が2メートルで推奨されていますが、じつははその「距離」に、国や地域によって多少の違いがあるのをご存知でしたか?

ソーシャルバブル

©iStock.com/piranka

感染のリスクを一定人数のグループ内のみにとどめる=ソーシャルバブル

日本ではまだあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、abcNEWSやForbesなどの世界のメディアでは、6月下旬ごろからこのアイデアが頻繁に取り上げられているこの言葉。

感染予防と精神安定の両立ができるアイデアとして注目されているのです。

Zumping

© iStock.com/vectorplusb, iStock.com/StudioBarcelona, iStock.com/Ponomariova_Maria

Zoomで別れること=Zumping(ザンピング)

「Zoom」と別れることを意味する「Dumping」を組み合わせた言葉。新型コロナウイルスの感染が拡大し、オンライン通話サービスZoomの使用頻度が上がったことにより生まれた言葉です。

デートもオンラインになれば、別れもオンラインになる。今の恋愛の形を象徴する言葉ですよね。

 

ロックダウンジェラシー

©iStock.com/MangoStar_Studio

特定のモノやコトに対して嫉妬や羨望の感情を抱く=ロックダウンジェラシー

外出自粛期間中に、SNSを使っていて、嫉妬や羨望を覚えた人はいませんか?

例えば、家の中の話でいうと、家族や友だち、パートナーと一緒に住んでいる人が、彼らと楽しそうなことをしている投稿にそういった感情を覚えてしまうなど。

自分の“持っていない”ではなく“持っている”モノやコトに意識を傾ける。それこそが大切みたいですよ。

デジタル時差ボケ

©2020 株式会社インターメスティック

ブルーライトの悪影響で、“昼夜逆転状態”に陥ること=デジタル時差ボケ

20代の有職男女500名を対象におこなったある調査によると、約6割の人が「デジタル時差ボケ」に陥っていることが判明したそう。

新型コロナウイルスによるテレワーク休校の増加に伴い、デジタルデバイスへの接触時間が増加していることが原因のようです。

Top image: © iStock.com/smartboy10

関連する記事

「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
「Zoom」と別れることを意味する「Dumping」を組み合わせた言葉「Zumping(ザンピング)」の紹介。
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
韓国自動車王手の「ヒョンデ(旧称:ヒュンダイ)」が、高級車ブランドである「ジェネシス」の中国上陸に際してCMを公開。3000台のドローンを用いたSFのよう...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため、「一家でひとり」の外出が許された3月のマレーシア。ママのメモ書きを手にスーパーへと向かうパパたち。ところが……。
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「インフォデミック」。情報に溢れた今の時代、避けては通ることのできない問題のようです。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
新型コロナウイルスによって変わった人々の日常を、くすっと笑えるユーモラスなイラストにして紹介。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
あの子も、この子も、そして、わたしも。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...