withコロナ時代の新症状!今、多くの人が陥っている「デジタル時差ボケ」って?

この夏の寝苦しさ。じつはそれ、エアコンや扇風機のせいでも、寝具が悪かったわけでもなく「ブルーライト」の影響による「デジタル時差ボケ」だったのかも......。

「デジタル時差ボケ」とは、デジタルデバイスの使い過ぎによるブルーライトの悪影響で、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に陥ること。

新型コロナウイルスによるテレワーク休校の増加に伴い、デジタルデバイスへの接触時間が増加している昨今、メガネブランド「Zoff」を運営する「株式会社インターメスティック」が、20代の有職男女500名を対象におこなった調査によれば、約6割の人が「デジタル時差ボケ」に陥っていることが判明したという。

とはいえ、このデジタル時代、さらにはオンライン化が進んだwithコロナ時代において、ブルーライトをまったく浴びない生活を送ることは限りなく不可能に近い。

ならば、日々の生活の中に「快眠に導く習慣」として、目をぐるぐる動かす運動などで目のコリを解消したり、寝る前に目をホットタオルで温めて眼精疲労を改善したり、スマホやPCの使用時間の長い人(1日4時間以上)は、ブルーライトカットのメガネで対策を、とのことだ。

ちなみに、以下のチェックシートのうち6個以上当てはまる場合は「デジタル時差ボケ」に陥っており、4個以上「デジタル時差ボケ予備軍」なので要注意!

「そういえば最近いい睡眠がとれていなかったな」と思う人は、これを機に生活を見直してみては?

✔︎ 日中、眠いと感じることが多々ある。

✔︎ 目の痛みや疲れ、乾きなどのトラブルを感じやすい。

✔︎ 合計すると1日8時間以上、テレビやPC、スマホなど電子機器の画面を見ている。

✔︎ PC、スマホなどの電子機器は90分以上連続で使用していることが多い。

✔︎ 本や漫画、雑誌を読む際は、電子書籍を利用することが多い。

✔︎ 寝る前にはたいていベッドでスマホを見る。

✔︎ 朝起きるときに朝日を浴びる習慣がない。

✔︎ 首や肩が痛いと感じたり、凝ったりすることが多い。

✔︎ 通勤や通学の移動時間など、隙間時間はスマホを見たりゲームをしたりが大半だ。

✔︎ 毎日適度な運動をする習慣がない。

©2020 株式会社インターメスティック
Top image: © 2020 株式会社インターメスティック
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

先行きの見えない新型コロナウイルスの脅威。これをどう受け入れながら日常を送っていくかが、今の時代を生きるボクたちのテーマ。そのなかでカバンの中身もちょっと...
気分の落ち込みや不眠といった症状として現れることもある「コロナ疲れ」が問題になっているなかで、イギリスで生活に悩む人へのヘルプラインを提供する慈善団体「C...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
新型コロナウイルスによって変わった人々の日常を、くすっと笑えるユーモラスなイラストにして紹介。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
オフィス家具とホーム家具の商社兼メーカー「株式会社弘益」より、抗ウイルス家具シリーズ「SOCIA(ソシア)」が新発売。
新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
新型コロナウイルスから身を守ってくれる新たな防御スーツ「BioVYZR」が、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」に登場した。
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
6月初旬、ニューヨーク市のデブラシオ市長は、路上や駐車場のスペースを活用しての飲食店の営業を許可する旨のイニシアチブを発表した。with/afterコロナ...