withコロナ時代の「必須携行品」5選

いまだ先行きの見えない新型コロナウイルスの脅威。これをどう受け入れながら日常を送っていくかが、今の時代を生きるボクたちのテーマ。そのなかでカバンの中身もちょっとずつ「withコロナ」仕様に変化しているはず。

というわけで、withコロナ時代のEDC(エブリデイキャリー)をまとめてご紹介!

除菌力99.999%の「ウェットタオル」

©ポジティヴィスト

9月1日「防災の日」にリリースされたこの製品。「その場で作る除菌ウェットタオル」は、圧縮タイプの固形タオル除菌消臭剤がセットになった、新しいスタイルの除菌タオルです。

ブルーのパッケージは、おおよそCDケースほど。本来の目的は防災グッズだけど、想定外のタイミングに屋外で除菌の必要に迫られるのが、この時代。備えあれば憂いなしのアイテムです。

▶︎さらに詳しく>>>

 

タブレットみたいな携帯用「紙せっけん」

©ノルコーポレーション

新しい生活様式に欠かせないのがマスクとともに手洗い習慣。

ささっと水洗いだけで済ませるんじゃなく、せっけんを使ってゴシゴシ。だけど、外出先や飲食店のハンドソープって、どうにも“いい香り”がしませんよね。

というわけで、せっけんをスマートに持ち歩くのが、今の時代。「WASHNY」はミントタブレットケースほどの専用ケースに入った紙せっけんなんです。コンパクトな設計ながら、40シート入り。

しかも香りは選べる4種類(ピュアサボン、チアフルシトラス、ハーバルミント、ルーセントフラワー)。その日の気分で香りを持ち歩いてみては?

▶︎さらに詳しく>>>

マスクにも、手にも!
ヒノキ香る「除菌スプレー」

©株式会社ヒノキラボ

30年以上にわたってヒノキを研究し続けてきたブランド「hinoki LAB」から発売された「アロマミスト」です。

アルコール濃度75%で、除菌対策をしながらヒノキの香りを楽しめるというモノですが、手指の消毒だけでなく、これがマスクスプレーとしても優秀なんです。シュッとひと吹きで、森林浴気分。マスクにこもりがちな、気になるニオイ問題もこれで解決!

▶︎さらに詳しく>>>

栃木レザーの「マスクケース」

©Makuake

2020年6月、応援購入サービス「Makuake」に登場するや、わずか2日で目標額の1000%、最終的には4900%を達成したマスクケース「masre」。

食事中など、ちょっとマスクを外して置いておきたい。そんな場面で活躍必至のマスクケースです。マスクが触れる部分には制菌加工が施された素材を使用し、衛生的に保管ができます。

また、マスクを開いてサッとお札をしまうように収納し折りたためばポケットサイズに収まるのもGOOD。さらに、革パーツにはジャパンメイドの栃木レザーを使用。高級感と落ち着きを感じる大人のマスクケースです。

▶︎さらに詳しく>>>

衛生用品まとめて収納「3in1ポーチ」

©ハンズエイド

荷物を少なく出歩く日なら、「3in1」のこのポーチがオススメ。マスクや除菌グッズをコンパクトに収納できるスグレモノです。

まずはダブルジッパーの表面。使用中のマスクと替えのマスクを分けて入れられるコンパートメント設計を採用。立体マスクでも紙マスクでも、形状素材を問わずすっぽり収まります。

続いて、このポーチ最大の特徴ともいえる付属品2アイテムが収まる裏面。まずは、ATMや券売機など不特定多数の人が触れるものから避けることができ、接触感染防止に一役買う「タッチペン」(ボールペンとしても使用できる)。

さらには、除菌ジェルを持ち歩けるカラビナボトルをコンパクトに収納。ウイルスや感染症から身を守るのに役立つアイテムをまとめて管理できるのがいいでしょ?

▶︎さらに詳しく>>>

Top image: © 株式会社ヒノキラボ, ノルコーポレーション

関連する記事

「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
12月10日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Deep Purple」は、折りたたむことができるU...
マスクケースのようにマスクをしまえば、即座に除菌してくれるマスク除菌器「maskirei」。マスクだけでなくデジタルガジェットなども除菌でき、さらに緊急時...
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
水道水で除菌液が生成できる!防疫に成功している台湾から日本上陸した大容量オゾン水生成器「WaterMagicianオゾンたま」が今月8日(火)より先行販売中。
収まるモノならすべてのアイテムを99.9%除菌する「LINK UV+ オゾン スマホ除菌器」が販売中。UVとオゾンの両方が菌・ウイルスに作用し、対象物を3...
アムステルダムを拠点にするデザイン会社「FROLIC studio」は、“誰でも入手できる素材から作れる除菌キット”の設計図を公開中。UV-Cライトを利用...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
建築ベンチャー企業「haus.me」が完全自律型の3Dプリントで製作されたモバイルハウスを発売予定。新型コロナウイルスの影響による都市離れが世界的にも大き...
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
マイアミの高級ショッピングモール内に新型コロナ感染防止グッズの専門店がオープン!種類豊富なマスクを始め、除菌・抗菌グッズが揃う。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
リチウムイオンバッテリーを内蔵し、しまうだけで紫外線除菌をおこなってくれるマスクケース「PORTEMA(ポルテマ)」が「Makuake」に登場。
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...