制菌効果で清潔に!「マスクケース」はスマートな大人の必需品

応援購入サービス「Makuake」に、マスクを一時的にしまっておけるマスクケース「masre」が登場した。

この商品は、食事のときや人との距離がありマスクをする必要がないときなどにマスクを保管するために開発されたもの。

マスクが触れる部分には制菌加工が施された素材を使用しており、菌の増殖の心配もなく衛生的な保管が可能。サッと開いてマスクを置き、包み込むようにたたむだけで収納できる。

さらに、ポケットにも入るコンパクトなサイズ感、落下を防いでくれるストッパー、予備のマスクが収納できるインナーポケットなど、かゆいところに手が届く便利なスペックとギミックが満載。

革パーツには日本の職人が手掛けた最高峰の「栃木レザー」を使用。世界中で高い評価を受ける高級レザーは、使い込むほどに味わい深い色味&質感を堪能できて、もうすぐやってくる「父の日」のギフトなどにもピッタリ。

日常でのマスクの使用がスタンダードになりつつある今、大活躍間違いなしの逸品。詳細はコチラから。

マスクケース
©Makuake
マスクケース
©Makuake
マスクケース
©Makuake
マスクケース
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

リチウムイオンバッテリーを内蔵し、しまうだけで紫外線除菌をおこなってくれるマスクケース「PORTEMA(ポルテマ)」が「Makuake」に登場。
マスクケースのようにマスクをしまえば、即座に除菌してくれるマスク除菌器「maskirei」。マスクだけでなくデジタルガジェットなども除菌でき、さらに緊急時...
「Makuake」で応援購入を募集している「ちょい置きマスクケース」は、形を崩さずコンパクトにマスクを収納可能。抗菌素材を使用し、衛生面にもしっかり配慮。
マスクの「一時置き場所どうする」問題を解決してくれるとっておきの「マスクケース」4選をご紹介します。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「ブルーボトルコーヒー」から「マスクケース」が登場。香港発のブランド「PAPERY(ペーパリー)」とコラボレーションした紙素材のスマートデザインの同商品は...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。