最近、嫉妬心が強くない? それ、ロックダウンジェラシーかも

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が影響して、あまり聞きなれない言葉を耳にする機会が増えましたね。

オーバーシュートやアウトブレイク、クラスター……それらの言葉を使うことに対して、疑問を投げかける意見もありますが、いったん置いておきましょう。

ここでは、最近生まれた言葉である「Lockdown Jealousy(ロックダウンジェラシー)」について紹介します。

孤独を感じている人が
嫉妬や羨望の感情を抱くこと

4月14日、イギリスのメディア『Metro』にて、シニアライフスタイルリポーターNatalie Morrisさんがある記事を公開しました。「Isolation Envy(アイソレーションエンビー)」という言葉に関する内容です。

彼女の記事ではその対処法について書かれているのですが、注目したいのは言葉の方。

ざっくり説明すると、自宅待機中に孤独を感じている人が特定のモノやコトに対して、嫉妬や羨望の感情を抱くことです。同じような意味として、「ロックダウンジェラシー」という言葉も誕生しています。

おそらく日本に暮らしている人は「ロックダウンジェラシー」の方が直感的に理解できるので、これを主に使うことにしました。

SNSだけでなく
ZoomやGoogle ハングアウトも要注意

ここのところ、SNSを使っていて、嫉妬や羨望を覚えた人はいませんか?

それが「ロックダウンジェラシー」かもしれません。

なんとなく“作っている感”や“ウソっぽさ”のあったSNS投稿も、外出自粛の影響でその舞台がリビングやバルコニーに変わったことにより、現実味を帯びているんですね。そして、無意識のうちに自分と比べてしまっている。部屋の大きさや家具の充実さだったり……。

家の中の話でいうと、家族や友だち、パートナーと一緒に住んでいる人が、彼らと楽しそうなことをしている投稿もそういった感情を覚えるきっかけになりそうです。

あと、『Metro』の記事によれば、「Zoom」や「Google ハングアウト」などのオンライン通話サービスを使う機会が増えたこともまた、「ロックダウンジェラシー」に起因しているといいます。背景を変えられるとはいえ、今までは知らなかった“誰かの家の様子”を見れちゃうわけですからね。なるほど。

他人と比べてしまうのは、もう、どうしようもありません。ただ、それを認識しているかどうかは大きな分かれ道です。

最後に『Metro』の記事で紹介されている対処法にも触れてみようと思ったのですが、全てSNS疲れの対策と同じ内容でした。つまり、自分の“持っていない”ではなく“持っている”モノやコトに意識を傾ける。それこそが大切みたいです。

僕もやってみようと思いました。

Top image: © iStock.com/MangoStar_Studio
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?
「Zoom」と別れることを意味する「Dumping」を組み合わせた言葉「Zumping(ザンピング)」の紹介。
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
世界的ファッション雑誌『Vogue』のイタリア版は“真っ白な表紙”の4月号を発表した。異例となる老舗雑誌の決断に注目が集まっている。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でミュージックビデオの撮影計画が頓挫してしまったアメリカのバンド「Thao & The Get Down...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
写真家・映画監督の蜷川実花さんが語る、オンライン通話サービス「Zoom」を使用したリモート撮影について。
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...