最近、嫉妬心が強くない? それ、ロックダウンジェラシーかも

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が影響して、あまり聞きなれない言葉を耳にする機会が増えましたね。

オーバーシュートやアウトブレイク、クラスター……それらの言葉を使うことに対して、疑問を投げかける意見もありますが、いったん置いておきましょう。

ここでは、最近生まれた言葉である「Lockdown Jealousy(ロックダウンジェラシー)」について紹介します。

孤独を感じている人が
嫉妬や羨望の感情を抱くこと

4月14日、イギリスのメディア『Metro』にて、シニアライフスタイルリポーターNatalie Morrisさんがある記事を公開しました。「Isolation Envy(アイソレーションエンビー)」という言葉に関する内容です。

彼女の記事ではその対処法について書かれているのですが、注目したいのは言葉の方。

ざっくり説明すると、自宅待機中に孤独を感じている人が特定のモノやコトに対して、嫉妬や羨望の感情を抱くことです。同じような意味として、「ロックダウンジェラシー」という言葉も誕生しています。

おそらく日本に暮らしている人は「ロックダウンジェラシー」の方が直感的に理解できるので、これを主に使うことにしました。

SNSだけでなく
ZoomやGoogle ハングアウトも要注意

ここのところ、SNSを使っていて、嫉妬や羨望を覚えた人はいませんか?

それが「ロックダウンジェラシー」かもしれません。

なんとなく“作っている感”や“ウソっぽさ”のあったSNS投稿も、外出自粛の影響でその舞台がリビングやバルコニーに変わったことにより、現実味を帯びているんですね。そして、無意識のうちに自分と比べてしまっている。部屋の大きさや家具の充実さだったり……。

家の中の話でいうと、家族や友だち、パートナーと一緒に住んでいる人が、彼らと楽しそうなことをしている投稿もそういった感情を覚えるきっかけになりそうです。

あと、『Metro』の記事によれば、「Zoom」や「Google ハングアウト」などのオンライン通話サービスを使う機会が増えたこともまた、「ロックダウンジェラシー」に起因しているといいます。背景を変えられるとはいえ、今までは知らなかった“誰かの家の様子”を見れちゃうわけですからね。なるほど。

他人と比べてしまうのは、もう、どうしようもありません。ただ、それを認識しているかどうかは大きな分かれ道です。

最後に『Metro』の記事で紹介されている対処法にも触れてみようと思ったのですが、全てSNS疲れの対策と同じ内容でした。つまり、自分の“持っていない”ではなく“持っている”モノやコトに意識を傾ける。それこそが大切みたいです。

僕もやってみようと思いました。

Top image: © iStock.com/MangoStar_Studio

関連する記事

コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
「SkinProud」が2000人の女性を対象に、ロックダウン下の美意識について調査をおこなった。その驚きの結果とは?
11月10日、イギリスの『コリンズ英語辞典』が2020年の「ワード・オブ・ザ・イヤー」を発表した。選ばれたのは「lockdown(ロックダウン)」だ。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
ザ・ローリング・ストーンズが8年ぶりとなる新曲『Living In A Ghost Town』を発表。現在の世界の様子を歌っているかのようなこの曲が世界2...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。