南アフリカの「走るコワーキングスペース」

変わりゆく“モビリティのあり方”を象徴する、南アフリカの「NOVA」という車両の存在。

簡単に説明すると、コワーキングスペースとして使われるトレーラーです。

移動する際にはクルマに牽引をしてもらう必要がありますが、基本的には場所を選ばずに仕事をできるのが特長。備え付けられているのは、イスとデスクはもちろんのこと、Wi-Fiやプリンター、コーヒーマシン、それにバスルームなど。オフィスに劣らない環境が揃います。電力も屋根に設置したパネルから太陽光発電で賄います。

展開するのは、ケープタウンを拠点にしている企業「Work & Co」。インフラ基盤が十分に整わないアフリカでは「確実な電力の供給、通信環境の確保」というニーズが高く、こういったサービスを提供が増加している様子。

この「NOVA」について、注目したいのはその目的。移動を快適にするためではなく、仕事をする“場所の確保”のために造られたこと。

クルマをはじめとしたモビリティのあり方は、食べ物を提供することやサウナに入れるようにまでなってきたりと、人を目的地まで運ぶだけではなくなりました。コワーキングスペースも、モビリティが担うものとなっているのです。

南アフリカというビジネス環境が生んだ、モビリティにいま求められていることがわかるいい例なのかもしれません。

Top image: © iStock.com/Poike
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第三弾は、「金鳥」と「中川政七商店」がコラボし、江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」が手がけた「金...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
コワーキングスペースは、会社や職種に関わらず、いろんな人が仕事や作業のために利用でき、互いに交流できる共同スペースのことです。2019年7月の内閣府の調査...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
世紀に1度の干ばつを経験した南アフリカで、サボテンを売ることで売り上げを伸ばしたお花屋さんの紹介です。
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
南アフリカの「Uber」は、同国で就職活動をする学生たちに向けて、面接へ行く際の乗車料を“無料”にする「#GiveTheYouthAChance」キャンペ...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
南アフリカ共和国のケンタッキーフライドチキン(KFC)の公式ツイッターアカウント。ここが、自社に関係するある話に「フェイクです」と一蹴した出来事がありまし...
南アフリカの国立公園に突如、まったく動かない鉄道車両が現れた。そう、この鉄道こそが2020年12月にオープンするラグジュアリーホテル「Kruger Sha...
「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。」。そんな想いをずっと心のなかに持ち続け、これまで世界中の少数民族を撮り続けてきたヨシダナギ氏。彼女の審美眼...
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
南アフリカ、ケープタウンにオープンした「昆虫食専門レストラン」。ゲテモノではなく、おいしい料理として食べる。そこが新しい。
日本でも「ビコマナ」の愛称で親しまれる姉弟ユニット。今回は椎名林檎の『長く短い祭』をカバーした動画をYouTubeに投稿して話題になっている。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...