南アフリカの「走るコワーキングスペース」

変わりゆく“モビリティのあり方”を象徴する、南アフリカの「NOVA」という車両の存在。

簡単に説明すると、コワーキングスペースとして使われるトレーラーです。

移動する際にはクルマに牽引をしてもらう必要がありますが、基本的には場所を選ばずに仕事をできるのが特長。備え付けられているのは、イスとデスクはもちろんのこと、Wi-Fiやプリンター、コーヒーマシン、それにバスルームなど。オフィスに劣らない環境が揃います。電力も屋根に設置したパネルから太陽光発電で賄います。

展開するのは、ケープタウンを拠点にしている企業「Work & Co」。インフラ基盤が十分に整わないアフリカでは「確実な電力の供給、通信環境の確保」というニーズが高く、こういったサービスを提供が増加している様子。

この「NOVA」について、注目したいのはその目的。移動を快適にするためではなく、仕事をする“場所の確保”のために造られたこと。

クルマをはじめとしたモビリティのあり方は、食べ物を提供することやサウナに入れるようにまでなってきたりと、人を目的地まで運ぶだけではなくなりました。コワーキングスペースも、モビリティが担うものとなっているのです。

南アフリカというビジネス環境が生んだ、モビリティにいま求められていることがわかるいい例なのかもしれません。

Top image: © iStock.com/Poike
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
コワーキングスペースは、会社や職種に関わらず、いろんな人が仕事や作業のために利用でき、互いに交流できる共同スペースのことです。2019年7月の内閣府の調査...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。