南アフリカの「走るコワーキングスペース」

変わりゆく“モビリティのあり方”を象徴する、南アフリカの「NOVA」という車両の存在。

簡単に説明すると、コワーキングスペースとして使われるトレーラーです。

移動する際にはクルマに牽引をしてもらう必要がありますが、基本的には場所を選ばずに仕事をできるのが特長。備え付けられているのは、イスとデスクはもちろんのこと、Wi-Fiやプリンター、コーヒーマシン、それにバスルームなど。オフィスに劣らない環境が揃います。電力も屋根に設置したパネルから太陽光発電で賄います。

展開するのは、ケープタウンを拠点にしている企業「Work & Co」。インフラ基盤が十分に整わないアフリカでは「確実な電力の供給、通信環境の確保」というニーズが高く、こういったサービスを提供が増加している様子。

この「NOVA」について、注目したいのはその目的。移動を快適にするためではなく、仕事をする“場所の確保”のために造られたこと。

クルマをはじめとしたモビリティのあり方は、食べ物を提供することやサウナに入れるようにまでなってきたりと、人を目的地まで運ぶだけではなくなりました。コワーキングスペースも、モビリティが担うものとなっているのです。

南アフリカというビジネス環境が生んだ、モビリティにいま求められていることがわかるいい例なのかもしれません。

Top image: © iStock.com/Poike
他の記事を見る
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
世紀に1度の干ばつを経験した南アフリカで、サボテンを売ることで売り上げを伸ばしたお花屋さんの紹介です。
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
オーストラリア在住のAlexさんは、パートナーの故郷でもある南アフリカの景色をVRで再現しました。そして、たくさんの彼女の思い出の詰まった場所でプロポーズ...
コワーキングスペースのイメージが強いWeWork。2018年秋、ニューヨークシティのチェルシー地区に「WeGrow」という小学校を設立しました。
アパルトヘイト(人種隔離政策)が完全撤廃となった1994年からじつに、20年以上の時間が流れ、南アフリカに暮らす白人、黒人コミュニティが互いに歩み寄り、少...
「SONNENGLAS(ソネングラス)」というメイソンジャーをつかったライトです。いろいろと周辺情報が多いプロダクトなので、まとめてみました。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
出先で仕事をしたいけれど、カフェは満員だし、仕事ができそうなシェアスペースはなかなかコストがかかる…。いい場所が全然見つからない!「Deskview」は、...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...