こんなんあり?世界のコワーキングスペース

コワーキングスペースって?

コワーキングスペースは、会社や職種に関わらず、いろんな人が仕事や作業のために利用でき、互いに交流できる共同スペースのことです。

2019年7月の内閣府の調査によると、日本のフリーランス人口は最大341万人だとか。

TABI LABOは世界の面白い特徴を持つコワーキングスペースを紹介してきましたが、その中でも際立ったコンセプトを持つ「世界のコワーキングスペース」を見てみましょう。

米・海軍の「造船所」だった!?
ブルックリンのコワーキングスペース

元造船所だったブルックリンのコワーキングスペース
©Designboom

2016年にNYのブルックリンにオープンした「New Lab」は、もともとは海軍所有の造船所で、コワーキングスペースとして利用される今も当時使われていたクレーンなどが残されています。ブルックリンらしく天井はインダストリアルな雰囲気ですが、カラフルなインテリアは工場だったとは思えないほどオシャレで明るい雰囲気です。続きを読む>>>

夜はクラブに!?
ポルトガルのコワーキングスペース

夜はクラブになるポルトガルのコワーキングスペース
©Village Underground

ポルトガルの「Village Underground」は昼はコワーキングスペースですが、夜はクラブやスケートパークになっちゃいます。2014年のオープンから地域に愛され続けているそうですが、イベントの動画を見てみると完全にフェス。仕事仲間と訪れたら、一気に仲良くなれそうです。......続きを読む>>>

南アフリカの「走るコワーキングスペース」

2019年1月に発表された南アフリカ発の「NOVA」は、コワーキングスペースとして使える車両です。移動するときは他の車で牽引する必要がありますが、電力はソーラーパネルで発電でき、WiFi環境があまり良くない南アフリカでもサテライトオフィスとして使用できる優れもの。旅をしながらでも設備の揃った仕事場が確保できますね。......続きを読む>>>

© work_and_co/Instagram

海に浸かりながら作業できる
ベリーズのコワーキングスペース

マリンブルーのビーチ
©Duarte Dellarole/shutterstock.com

中央アメリカに位置するベリーズには、なんと水上コテージのようなコワーキングスペースが。2019年3月から始まった利用者の応募は終了してしまっていますが、海の中に浸かりながら使うためのスタンディングデスクはリフレッシュできること間違いなし。仕事が捗るかどうかは別として、月曜日の朝でも幸せな気分で働けそうです。......続きを読む>>>

それぞれの国の歴史や文化から生まれたコワーキングスペースを、海外に行った時はぜひ利用してみてはいかが?

Top image: © Duarte Dellarole/Shutterstock.com
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
五感を刺激する森のワークスペース「木々薫る」は、緑豊かな空間でリラックスしながら仕事に取り組むことで、ストレス軽減や知的生産性の向上が期待できる働き方改革...
ジャカルタから少し南にあるこの家。2006年より政府の住宅プロジェクトとして未来の住むこと、働くこと、誰かに会うことを考えて改築されてきました。人口が増え...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
コワーキングスペースのイメージが強いWeWork。2018年秋、ニューヨークシティのチェルシー地区に「WeGrow」という小学校を設立しました。
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
旅して休暇を楽しみながら、リモートで働くというスタイル「ワーケーション」。この実現をサポートする動きが、いま広がりを見せています。例えば、アクティブライフ...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
出先で仕事をしたいけれど、カフェは満員だし、仕事ができそうなシェアスペースはなかなかコストがかかる…。いい場所が全然見つからない!「Deskview」は、...