こんなんあり?世界のコワーキングスペース

コワーキングスペースって?

コワーキングスペースは、会社や職種に関わらず、いろんな人が仕事や作業のために利用でき、互いに交流できる共同スペースのことです。

2019年7月の内閣府の調査によると、日本のフリーランス人口は最大341万人だとか。

TABI LABOは世界の面白い特徴を持つコワーキングスペースを紹介してきましたが、その中でも際立ったコンセプトを持つ「世界のコワーキングスペース」を見てみましょう。

米・海軍の「造船所」だった!?
ブルックリンのコワーキングスペース

元造船所だったブルックリンのコワーキングスペース
©Designboom

2016年にNYのブルックリンにオープンした「New Lab」は、もともとは海軍所有の造船所で、コワーキングスペースとして利用される今も当時使われていたクレーンなどが残されています。ブルックリンらしく天井はインダストリアルな雰囲気ですが、カラフルなインテリアは工場だったとは思えないほどオシャレで明るい雰囲気です。続きを読む>>>

夜はクラブに!?
ポルトガルのコワーキングスペース

夜はクラブになるポルトガルのコワーキングスペース
©Village Underground

ポルトガルの「Village Underground」は昼はコワーキングスペースですが、夜はクラブやスケートパークになっちゃいます。2014年のオープンから地域に愛され続けているそうですが、イベントの動画を見てみると完全にフェス。仕事仲間と訪れたら、一気に仲良くなれそうです。......続きを読む>>>

南アフリカの「走るコワーキングスペース」

2019年1月に発表された南アフリカ発の「NOVA」は、コワーキングスペースとして使える車両です。移動するときは他の車で牽引する必要がありますが、電力はソーラーパネルで発電でき、WiFi環境があまり良くない南アフリカでもサテライトオフィスとして使用できる優れもの。旅をしながらでも設備の揃った仕事場が確保できますね。......続きを読む>>>

© work_and_co/Instagram

海に浸かりながら作業できる
ベリーズのコワーキングスペース

マリンブルーのビーチ
©Duarte Dellarole/shutterstock.com

中央アメリカに位置するベリーズには、なんと水上コテージのようなコワーキングスペースが。2019年3月から始まった利用者の応募は終了してしまっていますが、海の中に浸かりながら使うためのスタンディングデスクはリフレッシュできること間違いなし。仕事が捗るかどうかは別として、月曜日の朝でも幸せな気分で働けそうです。......続きを読む>>>

それぞれの国の歴史や文化から生まれたコワーキングスペースを、海外に行った時はぜひ利用してみてはいかが?

Top image: © Duarte Dellarole/Shutterstock.com
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
「MAISON SPECIAL」が、在宅で働く人に向けたセットアップ「リモートワークスーツ」を販売中。本格的なドレスアイテムなのに快適で楽チンな機能が満載。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
ジャカルタから少し南にあるこの家。2006年より政府の住宅プロジェクトとして未来の住むこと、働くこと、誰かに会うことを考えて改築されてきました。人口が増え...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
同ブランド公式サイトにて、独自の研究結果をベースに導き出したリモートワークに最適な環境作りのコツを公開中。