米・海軍の「造船所」が、巨大なコワーキングスペースに大変身!(NY)

ここは元々「Brooklyn Navy Yard」と呼ばれており、もともとは海軍所有の造船所でした。1966年に売却された後、イベント会場として利用されたことはあったものの、ずいぶん長いこと寂れた状態だったそう。それが、このたび開発者にとってたまらないワークスペースへと様変わり。2016年9月24日にグランドオープンしました。

一見無骨さを感じながらも、よく見ると洗練された空間になっていて、単に広いだけでなく魅力的な場所に。

造船所のクレーンはそのまま!

62d17b07ae26c7ebf35e2120beff05cf5944e80085b8bbda4fe814638a1f97f0e80b38458e3be6e0B2aa20c8cc3fb750fa043368868a0af9d35560e32b2b325e91237d0316b331e2f3f07f30925a91daE9649fc26d63c62428e6012a3f5a362d0a7305da0e9af6c9249620ec3d27d2b948336363fb77f76bE9452851d1425cd3834becfa5abd6280743d9b26955c44fb37b0c2e5ad4ea0dfe779c3c31d018dd139f7317acfa9023a7955b6cc9b5bb5427375e29d

敷地の広さは7,800㎡。造船所ならではの天井の高さが気持ちよさそうです。

「New Lab」は、ロボット工学、人工知能、ハードウェア、エネルギー、ナノテクノロジー、都市技術などの開発施設として、起業家や企業をサポートするためにリノベーションされました。オフィスや展示スタジオ、快適な共有スペースがあり、行き来するのもスタッフの交流もよりオープンなものになりそうな雰囲気。

広々とした工場空間が自由な創作の場としてもってこいとはいえ、大型の3Dプリンターやレーザーカッターなどなど様々な設備が使えて実用的な上に、商業施設と見間違えるくらい素敵なつくりになっているのが特徴的です。詳しくはコチラから。開発者でなくとも遊びに行ってみたくなりますね。

Reference:New Lab
Licensed material used with permission by Designboom
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...