3Dプリンター製のオシャレな宿に住んでる「ヤドカリ」を発見!

貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっています。

85singo_white_chapel_02(C)AKI INOMATA

85singo_yadokarin_1(C)AKI INOMATA

85singo_greece_web(C)AKI INOMATA

85singo_santorini_web(C)AKI INOMATA

85singo_thailand_web(C)AKI INOMATA

追い出されたヤドカリに
新しいやどを

実はこれ、日本人アーティストである「Aki Inomata」氏がつくった作品です。

身体の成長に伴って、より快適なやどを見つけては引っ越しを行う彼らですが、時には力の強いヤドカリに追い出されてしまうものもいるよう。

そこで彼女は、「透明なやど」を3Dプリンターでデザインし、ヤドカリが気に入ればそこに引っ越しをしてもらったのだとか。やどには、世界各地の都市や建築様式が表現されています。

85singo_nyc_aki_inomata_web(C)AKI INOMATA

85singo_windmill_web(C)AKI INOMATA

85singo_yadokarin_2(C)AKI INOMATA

制作し始めた頃は、球を丸くくり抜いただけのものをヤドカリに渡してみたそうですが、見向きもされなかったそう。そのため、CTスキャンで自然の貝殻の内部構造を計測し、3DCGで制作したデータを元に3Dプリンターで印刷。ヤドカリに選ばれる「やど」を制作することが出来たといいます。

実際の制作場面や、海岸を歩いている様子は以下の動画から見ることができます。

ちなみに、実はこの3Dプリンター製の「やど」にはいろいろな意味が含まれているそう。

以前、「Aki Inomata」氏は在日フランス大使館のある場所がその時々で「フランス」になったり「日本」になったりと、同じ土地なのに平和に国が入れ替わっている事実に衝撃を覚えたそうです。

そして、ヤドカリの引っ越しを眺めているときに、3Dプリンター製の様々な都市へと次々と引っ越しをする様子が、まるで国境を越えていくかのようにも感じられたのだとか。

さらに詳しい情報やその他の作品については、彼女のWEBサイトで見ることが出来ます。気になった人はぜひ訪れてみては?

Licensed material used with permission by Aki Inomata

関連する記事

2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
NPO団体「Thinking Huts」とデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、マダガスカルに3Dプリンターを用いて学校を建設するプロジェ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
食糧危機に備え、4Dプリンターで“フルーツ”を生み出すプロジェクト。
チェコのベンチャー企業が最先端の3Dプリント技術を駆使して開発した、うずまき型の高級スピーカーシステム「スピルラ」が発売。妥協を許さず実現した理想的なうず...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...