3Dプリンター製のオシャレな宿に住んでる「ヤドカリ」を発見!

貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっています。

85singo_white_chapel_02(C)AKI INOMATA

85singo_yadokarin_1(C)AKI INOMATA

85singo_greece_web(C)AKI INOMATA

85singo_santorini_web(C)AKI INOMATA

85singo_thailand_web(C)AKI INOMATA

追い出されたヤドカリに
新しいやどを

実はこれ、日本人アーティストである「Aki Inomata」氏がつくった作品です。

身体の成長に伴って、より快適なやどを見つけては引っ越しを行う彼らですが、時には力の強いヤドカリに追い出されてしまうものもいるよう。

そこで彼女は、「透明なやど」を3Dプリンターでデザインし、ヤドカリが気に入ればそこに引っ越しをしてもらったのだとか。やどには、世界各地の都市や建築様式が表現されています。

85singo_nyc_aki_inomata_web(C)AKI INOMATA

85singo_windmill_web(C)AKI INOMATA

85singo_yadokarin_2(C)AKI INOMATA

制作し始めた頃は、球を丸くくり抜いただけのものをヤドカリに渡してみたそうですが、見向きもされなかったそう。そのため、CTスキャンで自然の貝殻の内部構造を計測し、3DCGで制作したデータを元に3Dプリンターで印刷。ヤドカリに選ばれる「やど」を制作することが出来たといいます。

実際の制作場面や、海岸を歩いている様子は以下の動画から見ることができます。

ちなみに、実はこの3Dプリンター製の「やど」にはいろいろな意味が含まれているそう。

以前、「Aki Inomata」氏は在日フランス大使館のある場所がその時々で「フランス」になったり「日本」になったりと、同じ土地なのに平和に国が入れ替わっている事実に衝撃を覚えたそうです。

そして、ヤドカリの引っ越しを眺めているときに、3Dプリンター製の様々な都市へと次々と引っ越しをする様子が、まるで国境を越えていくかのようにも感じられたのだとか。

さらに詳しい情報やその他の作品については、彼女のホームページで見ることが出来ます。気になった人はぜひ訪れてみては?

Licensed material used with permission by Aki Inomata

「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...