3Dプリンター製の「リアルクローズ」が続々登場

「ショッピングなんて忘れましょう——新しい服をダウンロードする時代がすぐにやってきます」

ファッションデザイナーのDanit Pelegが、そんなファッションの新時代の到来を予感させるタイトルのスピーチを行なったのが2015年。それから3年間、彼女は「印刷する服」の可能性を切り開いてきました。

© TED

3Dプリンタでも「普通の服」がつくれる!

彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使って、5つのコレクション「Liberty Leading the People」を発表します。

©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner

すでにほかの有名デザイナーも3Dプリンターを使った作品を発表していたなか、学生である彼女の作品が注目されたのには2つの理由がありました。

まず家庭用プリンタでつくれる「実用性」があったこと。そして、当時3Dプリントされた服がランウェイ向けのかなり奇抜なものであったのに対し、彼女のコレクションはちょっと勇気を出せば一般人でもパーティーなどで着られそうな比較的「普通の」デザインだったことです。

©Daria Ratiner

卒業後、彼女は2016年に自身のブランドを設立。同年に開催されたリオデジャネイロパラリンピックでは、開会式で華麗なダンスを披露したスノーボーダーのエイミー・パーディの衣装も手がけました。

2017年、Pelegは2つめのコレクションである「The Birth of Venus」を発表。そのひとつである「3D PRINTED JACKET」は公式サイトでカスタマイズ、購入することができるようになっています(ただし値段は1,500ドルと高額)。

©Daria Ratiner
©Daria Ratiner

3年でジャケット販売まで実現したPelegの最終目標は「デザインデータを送付するだけで自宅で服が印刷されるようにすること」。

素材やプリンターの普及や印刷時間(1着当たり100時間!)の問題もあって実現への道のりは長そうですが、どんな技術も昔は高価で手に入る人が限定的だったことを考えると全く不可能ではありません。

もしかしたら、近い将来に「コンビニでオーダーメイドの服を印刷してくる!」なんてことが普通になるのかも。

Top image: © Daria Ratiner
Reference: danitpeleg.com
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...