3Dプリンター製の「リアルクローズ」が続々登場

「ショッピングなんて忘れましょう——新しい服をダウンロードする時代がすぐにやってきます」

ファッションデザイナーのDanit Pelegが、そんなファッションの新時代の到来を予感させるタイトルのスピーチを行なったのが2015年。それから3年間、彼女は「印刷する服」の可能性を切り開いてきました。

© TED

3Dプリンタでも「普通の服」がつくれる!

彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使って、5つのコレクション「Liberty Leading the People」を発表します。

©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner

すでにほかの有名デザイナーも3Dプリンターを使った作品を発表していたなか、学生である彼女の作品が注目されたのには2つの理由がありました。

まず家庭用プリンタでつくれる「実用性」があったこと。そして、当時3Dプリントされた服がランウェイ向けのかなり奇抜なものであったのに対し、彼女のコレクションはちょっと勇気を出せば一般人でもパーティーなどで着られそうな比較的「普通の」デザインだったことです。

©Daria Ratiner

卒業後、彼女は2016年に自身のブランドを設立。同年に開催されたリオデジャネイロパラリンピックでは、開会式で華麗なダンスを披露したスノーボーダーのエイミー・パーディの衣装も手がけました。

2017年、Pelegは2つめのコレクションである「The Birth of Venus」を発表。そのひとつである「3D PRINTED JACKET」は公式サイトでカスタマイズ、購入することができるようになっています(ただし値段は1,500ドルと高額)。

©Daria Ratiner
©Daria Ratiner

3年でジャケット販売まで実現したPelegの最終目標は「デザインデータを送付するだけで自宅で服が印刷されるようにすること」。

素材やプリンターの普及や印刷時間(1着当たり100時間!)の問題もあって実現への道のりは長そうですが、どんな技術も昔は高価で手に入る人が限定的だったことを考えると全く不可能ではありません。

もしかしたら、近い将来に「コンビニでオーダーメイドの服を印刷してくる!」なんてことが普通になるのかも。

Top image: © Daria Ratiner
Reference: danitpeleg.com
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。