3Dプリンター製の「リアルクローズ」が続々登場

「ショッピングなんて忘れましょう——新しい服をダウンロードする時代がすぐにやってきます」

ファッションデザイナーのDanit Pelegが、そんなファッションの新時代の到来を予感させるタイトルのスピーチを行なったのが2015年。それから3年間、彼女は「印刷する服」の可能性を切り開いてきました。

© TED

3Dプリンタでも「普通の服」がつくれる!

彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使って、5つのコレクション「Liberty Leading the People」を発表します。

©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner
©Daria Ratiner

すでにほかの有名デザイナーも3Dプリンターを使った作品を発表していたなか、学生である彼女の作品が注目されたのには2つの理由がありました。

まず家庭用プリンタでつくれる「実用性」があったこと。そして、当時3Dプリントされた服がランウェイ向けのかなり奇抜なものであったのに対し、彼女のコレクションはちょっと勇気を出せば一般人でもパーティーなどで着られそうな比較的「普通の」デザインだったことです。

©Daria Ratiner

卒業後、彼女は2016年に自身のブランドを設立。同年に開催されたリオデジャネイロパラリンピックでは、開会式で華麗なダンスを披露したスノーボーダーのエイミー・パーディの衣装も手がけました。

2017年、Pelegは2つめのコレクションである「The Birth of Venus」を発表。そのひとつである「3D PRINTED JACKET」は公式サイトでカスタマイズ、購入することができるようになっています(ただし値段は1,500ドルと高額)。

©Daria Ratiner
©Daria Ratiner

3年でジャケット販売まで実現したPelegの最終目標は「デザインデータを送付するだけで自宅で服が印刷されるようにすること」。

素材やプリンターの普及や印刷時間(1着当たり100時間!)の問題もあって実現への道のりは長そうですが、どんな技術も昔は高価で手に入る人が限定的だったことを考えると全く不可能ではありません。

もしかしたら、近い将来に「コンビニでオーダーメイドの服を印刷してくる!」なんてことが普通になるのかも。

Top image: © Daria Ratiner
Reference: danitpeleg.com

関連する記事

2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
NPO団体「Thinking Huts」とデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、マダガスカルに3Dプリンターを用いて学校を建設するプロジェ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
人気ゲーム「フォートナイト」の開発で知られる「Epic Games」が、リアルな3Dキャラクターをより手軽に作成できるデザインツール「MetaHuman ...
チェコのベンチャー企業が最先端の3Dプリント技術を駆使して開発した、うずまき型の高級スピーカーシステム「スピルラ」が発売。妥協を許さず実現した理想的なうず...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
世田谷区奥沢にオープンした「D&DEPARTMENT DINING(現「d食べる研究所」)」で、創業当時から続く人気メニュー「d&ドライカレー」がレトルト...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「アップル」がリリースする予定のiOS14.5では絵文字も大幅アップグレードされるらしい!
お花見、ピクニック、ガーデンパーティー。「外メシ」の機会がぐんと増えるこの時季、是非とも紹介したいギアがこちら。見た目はレトロフューチャーなのに、その中身...
原作・文 つちやみ イラスト マッチロ 毎週水曜日に更新中
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。あどけない顔をしていますが、その眼差しは仕...
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...
原作・文 つちやみ イラスト マッチロ 毎週水曜日に更新中
Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて...