編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。

何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えたまま進んでしまうなんてこともよくある。途中で飽きてしまうならまだしも、頑張って完成させたのに穴だらけの見るも無残な姿になってしまったという人はたくさんいると思う。ただ、時間はかかるけど、その分愛情を感じるのが手編みの良さ。

Kniterateが開発中の3Dプリンター「Digital Knitting Machines」は、美しくスピーディにセーターやワンピースなど様々なものを編み上げてくれるそう。

もしも、思うように作れず悪戦苦闘している時にこのマシーンに出会ってしまったら、私は誘惑に負けてしまうかもしれない。

プリンターで編む
自分だけのニット

2091aa5c56742478386b626370162e6939b10611

ニットにしたいデザインをPCで作成してから、3Dプリンターに転送すると編み始めます。編み物のプリントアウトなんてちょっとズルい。悔しいんだけど、そこにグッときてしまう自分がいた。

マフラー、靴下、セーター、ワンピース、ネクタイなど、作れるものは幅広い。こんなにワクワクするものなら、想像が膨らみすぎて何を作ろうか迷って当然。そんな時は、複数のテンプレートがあるのでそこからスタートしてみるのもいい。

6bb43b281200e88827a45895b01393f65642551e4734f9df9674a318c58dc1259dba2057ce3b4d22Ed7caea23930f410e172ef8383a5f5ceda9fc848

お気に入りのパターンを
色々な形で

3f07009fe68994aa80ee3d2306a00d43ee2e6a22

手編みだと何日もかかってしまう作業でも、数時間で終わるらしい。この複雑な模様のセーターは、8時間ほどで完成したそう。同じ柄で靴下やマフラーにすることもできるとか。違う形にして、何度でも作ることができるのも嬉しいポイント。

こういうオリジナルの服ができると誰かに自慢したくなるもの。これ自分で作ったんだよ!(デザインだけね…)っと。

C6a5f41da99fd7e254fb9b40beab61dc5ea4c2141d19d6d1bb48fbc492874226cc0d08199c7c96046b73174932cb70dddd12e42bf5e36333028d87800cd0244ca12d1aaefa0c4c7960587f776595e81102c294fe2c18d5e562d8023080776431823a887a

「Digital Knitting Machines」は、家でも使用できるくらいコンパクトなサイズもこだわりのひとつらしい。「Kickstarter」でクラウドファンデングを実施中で、今なら4,699ドル(約522,100円)から。ただし、残念ながら日本への発送は受付けていないそう。

Licensed material used with permission by Kniterate
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...