サボテンを売って、水不足を乗りきったお花屋さん

2018年、世紀に1度の干ばつを経験した南アフリカ。

住民が1日に使える水の量は50Lに制限されました。WHOが定めた「人間らしい生活をするための必要最低限の量」です。

シャワーは1分間につき約8.5L。トイレを使うには1日で約10L。50Lで暮らすのはかなり大変なのがわかります。

このような状況では、枯れないように水やりをしなければいけない「花」はとんだ贅沢品です。南アフリカで最大のフラワーギフトサイトである「NetFlorist」の売り上げはどんどんと下がりました。

でも、FCB Africaというクリエイティブエージェンシーが手助けをすることで、その売り上げは46%も上昇。

目をつけたのはサボテンでした。水やりが月に1、2度やごく僅かでも枯れないし、花を咲かせたりもします。ある意味最強なんじゃないか?ってことです。

水不足を解決するために売り上げの一部を寄付するという付加価値もつけた上で、「誕生日や記念日に送るべきはサボテン」と宣伝。結果、枯れそうになっていたビジネスもV字回復しました。

Top image: © Namsoup/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

パッと見はサボテンだけど、立派なフレグランスディフューザー。DULTONから販売されてる。
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
美しい花にはトゲがある──、とはなにもバラだけを例えて言っているわけではない。サンザシやアザミ、そしてサボテンにも。それも一年にたった一日、わずか一晩しか...
“サボテンレザー”を使用したアイテムを扱うサステイナブルブランド「Re:nne」から、エシカルウォレット「Chitose」がデビュー。
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
韓国のスキンケアブランド「Huxley(ハクスリー)」が、1月13日(水)〜1月19日(火)、「伊勢丹 新宿店」にて初のポップアップを開催する。まだ国内で...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...