サボテンを売って、水不足を乗りきったお花屋さん

2018年、世紀に1度の干ばつを経験した南アフリカ。

住民が1日に使える水の量は50Lに制限されました。WHOが定めた「人間らしい生活をするための必要最低限の量」です。

シャワーは1分間につき約8.5L。トイレを使うには1日で約10L。50Lで暮らすのはかなり大変なのがわかります。

このような状況では、枯れないように水やりをしなければいけない「花」はとんだ贅沢品です。南アフリカで最大のフラワーギフトサイトである「NetFlorist」の売り上げはどんどんと下がりました。

でも、FCB Africaというクリエイティブエージェンシーが手助けをすることで、その売り上げは46%も上昇。

目をつけたのはサボテンでした。水やりが月に1、2度やごく僅かでも枯れないし、花を咲かせたりもします。ある意味最強なんじゃないか?ってことです。

水不足を解決するために売り上げの一部を寄付するという付加価値もつけた上で、「誕生日や記念日に送るべきはサボテン」と宣伝。結果、枯れそうになっていたビジネスもV字回復しました。

Top image: © Namsoup/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
美しい花にはトゲがある──、とはなにもバラだけを例えて言っているわけではない。サンザシやアザミ、そしてサボテンにも。それも一年にたった一日、わずか一晩しか...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
「弟がうまいせんべいを焼いて、兄がうまく売っていく。だから『煎餅ブラザーズ』なんです」
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
人に何かをあげた時ーー。相手が思いがけないプレゼントで驚き、喜ぶ顔を見るのはとってもうれしいですよね。それを利用して「もっとお花を贈ってもらおう」と、新た...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
ここに一つ感動的な動画を紹介します。ニューヨークの地下鉄で、花を売る女性。1輪1米ドル(120円ほど)で売っていたところ、ある男性が彼女に話しかけます。「...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...