オバマ大統領夫妻による最後の「クリスマスメッセージ」が公開

 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振りとともに動画は、就任1年目のメッセージシーンに遡る。どうやらそれはリハーサル風景らしく、笑いが止まらないオバマをミシェル夫人がいさめるシーンが象徴的。

だが、この一瞬の回顧からは見えない、もうひとつのメッセージが2009年にはあった。ここでは、今回公開されたものと、当時のメッセージとを比較してみたい。二人の表情に注目だ。

充足感と自信に満ちた笑顔の2016年

「私たちの国は、以前にもまして強くなってきています。力を合わせた結果、過去80年間で最悪の景気状況からも回復し、9年ぶりに失業率も低水準へと改善した」。

「キリスト教の隣人愛、すなわち思いやりの心は、クリスチャンだけでなく、ユダヤ教徒、ムスリム、たとえ無神論者であっても、すべての人に対して向けられるべきもの」。

「子供たちの明るい未来のために、国民一人ひとりが“友愛”の精神を持たねばならない」。

自信に満ちた表情で、お得意のウィットに富んだユーモアを混ぜながら8年間の成果を振り返るオバマ。そこには終始、笑顔があった。

世相を映す緊張の面持ち、2009年

 こちらは大統領就任1年目。初めてホワイトハウスで迎えるクリスマスを語るオバマ夫妻のメッセージ。最後まで見ると分かるように、この時、二人に笑顔はなかった。クリスマスを祝うメッセージであるはずなのに、だ。

リーマンショックから1年、いまだその影響から立ち直れずにいた多くの人々に向けて、オバマは「回復」や「全力」という言葉を並べ、力強くメッセージを送っている。
同じように、幾度となく登場するのが、「イラク」、「アフガニスタン」、「兵士」、「犠牲」、「支援」といったキーワードだった。

ここに映る表情は、当時の世相をそのまま反映するものだったんじゃないだろうか。聴衆を惹きつけるスピーチ力に定評あったのが、オバマという大統領だ。たとえ、その表情が造られたものだったとしても不思議はない。

思えば、ジョージ・W・ブッシュからバトンを引き継いだのは、世界平和と経済の大混乱期。あれから8年…人種の壁を超え、価値観の共有を重視したオバマ政権から、「トランプ新時代」を迎えるアメリカ。来年のクリスマス、彼のどんなメッセージが聞けるだろうか。

Top Photo by Theo Wargo/WireImage/Getty images
Reference:The White House

関連する記事

アメリカ前大統領、バラク・オバマ。多くの人々の支持を集めるオバマ氏が、自身のTwitterにて電話番号を公開し、さらにテキストを送るよう国民に呼びかけた。
ケニアの慈善家・教育者のサラ・アヤンゴ・オバマさんがケニア西部にて亡くなった。99歳だった。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
じつは熱心なバスケットボール愛好家としても知られるオバマ氏は、高校時代にはプナホウ・スクールの選手として試合へ出場し、ハワイ州で優勝していた経歴ももつのだとか。
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
アメリカ初の黒人大統領として8年間の任期を務めた、オバマ前大統領。11月に回想録を出版したオバマ氏が、インタビューにてミシェル夫人は当初彼の出馬に反対して...
大の音楽好きとして知られるアメリカ合衆国の前大統領バラク・オバマが、全51曲からなる2020年の夏のプレイリストを公開。プレイリストには、ビリー・アイリッ...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
「Waffles + Mochi(ワッフルとモチ)」という番組が「Netflix」で新たにスタートする。それを手掛けるのは、なんとあのミシェル・オバマ元米...
自国民に外出を控えることを呼びかけるため、大統領自身が室内でエクササイズする動画を公開した。
残念ながら現実での卒業式が困難となった全米の高校の卒業生へ向けて、盛大なバーチャル卒業式「Graduate Together: America Honor...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
ミシェル・オバマ夫人は自身のファーストレディー時代を振り返り「私にはたくさんの支えがあったが、バラクにはなかった。男として独立を求められていた」とコメント...
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
「エルメスのオレンジクリスマス」が開催中。デジタルグリーティングカードが作れたり、銀座がオレンジに彩られたり、いつもとはちょっと違うクリスマスを過ごせるかも。
「外ビールが、気持ちイイ!」をテーマに、例年「日比谷公園」で開催される大型ビア&フードイベント「ヒビヤガーデン」が、新たな取り組みとしてプロデュースする「...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
フィンランド在住のサンタ・クロースが、「今年のクリスマスは延期しない」ことを発表。「クリスマスの醍醐味はみんなで一緒に過ごすことだろう?」と、暗におうちク...
クリスマスシーズンといえば、愉快なBGMが流れる心が温かくなるようなCMが定番だが、ロシアの「IKEA」が現在公開中のクリスマスCMはちょっと変わっている...
3月、アメリカではいま“季節外れのクリスマスイルミネーション”をおこなう家が増えているという。その理由とは?
「Twitter」は先月、メディアが意図的に誤解を招いていると判断した場合に「Manipulated media(操作されたメディア)」というタグをつける...
先日行われたジョー・バイデン氏の第46代アメリカ合衆国大統領就任式で、カマラ・ハリス氏やミシェル・オバマ氏など、多くの女性が「紫色」のドレスを選んでいたこ...
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
3月31日、アメリカ合衆国第46代大統領のジョー・バイデン大統領は、「国際トランスジェンダー認知の日」に政府として公式に声明を発表。「国際トランスジェンダ...
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。