オバマ大統領「プレイリスト」を公開。運動中にアガる曲はコレ!

2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」に公開された。ジャンルを問わない、新旧幅広いキュレーションには、政治家バラク・オバマとしてではない一面が垣間見える。

大統領はこんな曲でアゲていた

セレクションはヒッピホップあり、ミクスチャーあり、ジャズあり、レゲエありの全10曲。

80年代の王道ポップスがあるかと思えば、注目のスウェディッシュデュオ「アイコナ・ポップ」や、新世代のベストリリシストとも評される、オーストラリアのオルタナ女子「コートニー・バーネット」のヒットソングまで、とにかくアップテンポでノリがいい。

ここでひとつひとつの曲を紹介するよりも、まずはこちらのSpotifyで試聴してみて、気に入ったものをYouTubeでフルコーラス聴くなり、ダウンロードするなりして楽しんでみては。

シェアリングの時代
大統領の人となりが見えてくる

じつは、これまでにもオバマ大統領がキュレーションした、「真夏のSpotifyプレイリスト」がホワイトハウスのTwitterを通じて公開され、毎年ちょっとした恒例行事となっていた。

こうしたプレイリストの公開も、政治戦略の一部と言ってしまえばそれまで。それでも、配信サービスを利用して好きな音楽を選曲したり、SNSでシェアすることで、大統領の人となりが見えてくる、とオバマセレクトは評判だった。

情報化とシェアリングの時代を駆けぬけたオバマ大統領の7年間。ただワークアウト・ジャムとして共有するよりも、もしかしたら「リーマンショック」、「テロとの戦争」、「プラハ演説」など、歴史の転換期に彼が口にしてきた力強いメッセージを振り返る時間にあてても良さそうだ。

Photo by Win McNamee/Getty Images
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣...
ミシェル・オバマ夫人は自身のファーストレディー時代を振り返り「私にはたくさんの支えがあったが、バラクにはなかった。男として独立を求められていた」とコメント...
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
政府によって真実を伝えることが難しいジャーナリストたちが考えたのは音楽ストリーミングサービスのプレイリストを使うこと。音楽ディレクターとコラボし、伝えたい...
「Your Time Capsule」という”あなただけの懐メロ”を集めてくれる新サービスがSpotifyで開始。10代のころに聴いていただろうという曲を...
シリア・スーダン・ソマリア・リビア・イエメン・イラン出身の6人のミュージシャンたちによる楽曲が、7月6日にSpotifyにて配信。彼らが歌ったのは、曲を作...
今日も天気が良くてお出かけ日和! ドライブで流すBGMに迷っているなら、このプレイリストをオススメ。
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
ニューヨークのコロンビア長老派教会医療センターが、ある40曲のプレイリストを発表しました。年代やジャンルを問わないヒットナンバーの数々がそろっていますが、...
ストイックにでなければいけない、強度を上げたら落としてはいけないなど、エクササイズをする上で勘違いしていることはないだろうか?この記事には、あなたが感じて...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...