豪華製作陣が送る「Netflix」渾身のオリジナル作品「ノット・オーケー」

『ストレンジャー・シングス』のプロデューサーと『このサイテーな世界の終わり』の監督がタッグを組んで「Netflix」オリジナルドラマを制作。『ノット・オーケー』と名付けられた同シリーズのティーザー予告映像が先日公開された。

内容はセクシュアリティ恋愛スーパーパワーなど、さまざまな要素が絡み合った高校生たちの物語とのこと。主演を飾るのは『IT/イット THE END』で話題になったソフィア・リリスワイアット・オレフだ。

また、原作となるのは『このサイテーな世界の終わり』の原作を手掛けた漫画家チャールズ・フォースマンによる『I am not okay with this』。シンプルな作風ながら、現実問題を暗く描く手法が評価され、カルト的な人気を誇る同氏の作品。公開された映像をみると、どうやら今作も“独特な世界観”の映像化に成功しているようだ。

批評家からも高い評価を得ている作品からさまざまな才能が集う『ノット・オーケー』。一体どんな化学反応がおこるのか、公開後はまた寝不足の日々が続くかも……。

© Netflix Japan/YouTube
Netflixオリジナルシリーズ「ノット・オッケー」独占配信中
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
11月25日、「Netflix」がニューヨークにある劇場「Paris Theatre」とリース契約を締結したと発表。
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
「Netflix」が「Spotify」創業の物語をオリジナルシリーズ作品として制作することを発表!Spotify創業者のDaniel Ek氏とそのパートナ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。