金曜日の夜に観てほしい「Netflixのおすすめサスペンスドラマ」3選

在宅生活に飽きるのはしょうがないことです。だって、同じ場所に居続けなければいけないんだから。刺激を受ける機会が減って、どうしても日常が単調になってしまいます。

かといって、外出するのは絶対にNG。「#StayHome」「#StaySafe」は大切です。

そこで、外出と同じくらい……いや、それ以上に刺激を与えてくれる「サスペンスドラマ」を3つ紹介します。全て「Netflixオリジナル作品」から選んでみました。

観始めたらヤメられないものばかりだから、金曜日の夜に観てね!

01.
次の『ブレイキング・バッド』はコレ!
『オザークへようこそ』

『オザークへようこそ』の紹介
©Netflix

あらすじ

財務顧問の父に連れられ、一家はシカゴからミズーリ州オザークへ。麻薬組織のボスの怒りを鎮めるため、父はここで、5年間で5億ドルの資金洗浄を行うのだ。

出典:『オザークへようこそ』(Netflix)
Netflixオリジナルシリーズ『オザークへようこそ』シーズン1~3独占配信中

ますは『オザークへようこそ』です。

ひとつのシーズンは約60分の10話構成で、今のところシーズン3まで公開されています。

こう説明すると、長ったらしく感じでしまうのですが、決してそんなことはありません。常にハラハラさせてくれるだけでなく、トントンと話が展開していくので、観ていて気持ちいいんです。

で、物語でフォーカスされているのは資金洗浄。ドラッグカルテルが関わっていることや次から次へと問題が起こる様子から、巷では次の『ブレイキング・バッド』とも言われています。これだけでも観たくなる人って、多いのでは?

個人的には主人公のパートナーであるウェンディに注目しています。本当にカッコいい女性なんですよ。

ちなみに、資金洗浄といえば、同じくNetflixで観ることができる『グッドガールズ:崖っぷちの女たち』もおすすめ!

02.
「寝不足になる」の代表作!
『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の紹介
©Netflix

あらすじ

姿を消した少年、人目を忍び行われる数々の実験、破壊的な超常現象、突然現れた少女。すべての不可解な謎をつなぐのは、小さな町に隠された恐ろしい秘密。

出典:『ストレンジャー・シングス』(Netflix)
Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1~3独占配信中

記事を制作する前にちょっとしたリサーチをしてみたら、まだまだ知らない人が多かったので紹介することにしました。

ふたつ目は、世界中で有名な『ストレンジャー・シングス 未知の世界』です。

がっつり“サスペンス”というわけじゃないけど、間違いなく金曜日の夜に観てほしい作品。一度観始めたら、寝不足は確実です。

ただ、ここからの説明が難しい……。世代によって、グッとくるポイントが異なるんです。

ということで、内容以外に注目したいと思います。

この作品は様々なブランドとコラボをするくらいの人気度で、社会現象になったと言えるんですよ。個人的に一番興味深かったのが、作品中に登場するボードゲーム「ダンジョン&ドラゴンズ」のストレンジャー・シングス版が発売されたこと。ボードゲームが主題ではないのに、コラボができちゃうって、スゴいな〜と。

“観ていないのは損”と表現するのは乱暴だけど、チェックしてみて、悪いことはありません。社会現象になった理由が分かるから!

03.
実在した殺人鬼も登場!
『マインドハンター』

『マインドハンター』の紹介
©Netflix

あらすじ

1970年代後半、殺人犯の心理を研究して犯罪科学の幅を広げようとするFBI捜査官2人。研究を進めるうち、あまりにリアルな怪物に危ういほど近づいてゆく。

出典:『マインドハンター』(Netflix)
Netflixオリジナルシリーズ『マインドハンター』シーズン1~2独占配信中

最後は『マインドハンター』の紹介。

じつはデヴィッド・フィンチャーが製作総指揮を務めています。ただ、作品自体の知名度はまだまだ……。

描いているのは、プロファイリング(異常犯罪の犯人像の分析技法)を確立させていくプロセスについて。

物語では実在したシリアルキラー(連続殺人犯)であるエドモンド・ケンパーやリチャード・スペックの話も出てきます。グロテスクなシーンはほとんどありません。淡々と話が進んでいきます。

でも、視点がユニークだから、なかなか先を読むことができないし、どんどんと作品に引きこまれてしまう。約60分のエピソードもあっという間で、自然とビンジウォッチングをしてしまいます

あっと驚いてしまう出来事を取り上げている“フジテレビのあの番組”が好きな人なら、絶対に好きですよ。

Top image: © Netflix

関連する記事

Netflixでおすすめの映画・ドラマ・ドキュメンタリーを18作品紹介。全て「Netflixオリジナル作品」からピックアップしました。
Netflixでおすすめ! 社会現象を起こした「Netflixオリジナル作品のドラマ」を紹介。『ウィッチャー』『YOU ー君がすべてー』『ペーパー・ハウス...
Netflixでおすすめ! ドラマ感覚で観られる「Netflixオリジナル作品のドキュメンタリー」を紹介。『ワイルド・ワイルド・カントリー』『ミス・アメリ...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『History 101: 古今東西の"ナゼ?"を早わかり』『世...
「Netflix」が一部ユーザーを対象に実施した、ビデオを無効にし、バックグラウンドでテレビ番組や映画の音声を聞くことができるというテスト。実装されれば、...
Netflixでおすすめ! シズル感たっぷりの「Netflixオリジナル作品のグルメ番組」を紹介。『ストリート・グルメを求めて: アジア』『100万ポンド...
iHerb(アイハーブ)おすすめの「Netflix鑑賞用スナック」を3つ紹介。ファッジブラウニー、ココナッツを使ったスナック、ライスチップスというラインナ...
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
世界190ヵ国に約6000万人のユーザーを有する人気の瞑想アプリ「Headspace」がNetflixにてオリジナルドラマ作品を配信すると発表。『ヘッドス...
「Netflix」は、設定した時間で自動的にデバイスの電源をオフにする「スリープタイマー機能」をAndroidユーザーへ向けて試験的に実装。15分、30分...
3月18日にバージョンアップして登場した「Netflix Party」は無料でダウンロードできるChromeの拡張機能。この拡張機能を使えば、離れたところ...
「Ben & Jerry's」と「Netflix」がコラボして生まれた新作フレーバー「Netflix & Chilll'd」が話題となっている。Netfl...
映画『To All the Boys I’ve Loved Before』で、韓国のヨーグルトスムージーとして紹介されているある日本製品が、現在爆売れして...
Netflixが「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディ『Cocaine Hippos』を製作するようだ。
Netflix(ネットフリックス)のおすすめStand-Up Comedy作品を日本のスタンドアップコメディ界の重鎮「おコメディ焼き」代表BJ Foxさん...
Netflixでチェックできる「おすすめのコメディアン」を5人紹介。ピックアップをしてくれたのは、スタンドアップコメディアンを目指している小林快さん。
6月10日、今もっとも時代遅れな構造主義の撤廃を訴える社会運動「Black Lives Matter」に敬意を込めて、「Netflix」が「Blacl L...

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...