価値観がグッと広がる「Netflixのドキュメンタリー」3選

そもそも演出を求めている時点で、ドキュメンタリーを観る姿勢としては間違っています。でも、プライベート時間でドキュメンタリーを視聴することに高いハードルを感じている人も多いはずなんです。

だって、他にもオモシロくて、笑顔になれる作品はいっぱいあるから。わざわざドキュメンタリーを選ばなくてもいいんです。

その気持ち、すごく分かるんですが……観ない選択をしているのはもったいない。

ということで、今回はドラマ感覚で観られるドキュメンタリーを3つ紹介。全て「Netflixオリジナル作品」からピックアップしました。

きっと、あなたの価値観を広げてくれるはずですよ。

01.
6時間あるけど、全く飽きない!
『ワイルド・ワイルド・カントリー』

©Netflix

あらすじ

カルト集団を率いるインド人グルが、オレゴンの荒野に理想郷を建設。地元住民との摩擦から衝撃のスキャンダルまで、堕ちた宗教家の足跡をたどるドキュメンタリー。

出典:『ワイルド・ワイルド・カントリー』(Netflix)
Netflixオリジナルシリーズ『ワイルド・ワイルド・カントリー』独占配信中

まずは『ワイルド・ワイルド・カントリー』です。

60分弱6話構成のドキュメンタリーで、カルト集団の栄枯盛衰を取り上げています。こうして説明をすると重く感じてしまうし、日本に暮らしている人ならアレルギー反応を起こしてしまいがちだけど、惹きつけられる要素がたくさんあるんです。

スポットライトが当てられているのは、1980年代に米・オレゴン州の片田舎に数千人規模のコミューン「ラジニーシプーラム」を形成したラジニーシ教団

「ラジニーシプーラム」は、自治機能を有する市として正式に認められ、飛行場なんかも建設しちゃいます。なぜ、そんなことができたのでしょうか?

また、アメリカ中のホームレスの人たちも集まってくるようになります。なにが魅力だったんでしょうか?

ここで紹介したのはごく一部。ドキュメンタリーには、元信者や警察関係者が出演していて、それぞれの正義を知ることができます。

エピソードごとにうまく緩急がつけられているのも嬉しいところ。全く飽きを感じない作品です!

02.
テイラー・スウィフトの「成長する姿」
『ミス・アメリカーナ』

©Netflix

あらすじ

ソングライターやパフォーマーとして、女性としてのありったけの思いを打ち明ける。テイラー・スウィフトの飾らない姿を映し出すドキュメンタリー。

出典:『ミス・アメリカーナ』(Netflix)
Netflixオリジナルシリーズ『ミス・アメリカーナ』独占配信中

ふたつ目は『ミス・アメリカーナ』。

テイラー・スウィフトに密着した1時間25分のドキュメンタリーで、すでに知っている人も多いかもしれません。

この作品では、たくさんのメディアやファンなどが思い描く“テイラー・スウィフト”になるために、必死で期待に応えようとする彼女の苦悩や葛藤を知ることができます。もちろん、それだけではないんですが……。

それまでは政治的な発言を控えていた彼女が、2018年の中間選挙前に自分の考えをありのままに伝えたことをきっかけに、次第に成長していく過程も描かれているのもポイント。ドラマと同じような構成です!

また、これは社会の価値観が変わり始めたタイミングとほぼ同じ。スターである姿よりも、その変化を受け入れ、自信を持ち始めるテイラー・スウィフトというひとりの人間に迫っているんですね。

『ミス・アメリカーナ』が公開されたのは2019年1月23日。その後にアメリカで話題になったことといえば、民主党予備選挙。投票に行かない若者に対して、少なからず影響を与えた作品と表現しても間違いではないでしょう。

03.
彼が「今」夢中になっていることとは?
『天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する』

©Netflix

あらすじ

自身の人生に影響を与えた人々との思い出や、今なお追い続けている壮大かつ大胆な目標について語る世界有数のビリオネア、ビル・ゲイツの思考を探る。

出典:『天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する』(Netflix)
Netflixオリジナルシリーズ『天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する』独占配信中

最後の作品は『天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する』です。

50分弱3話構成で、ビル・ゲイツという人間に迫るとともに、次に彼が何を成し遂げようとしているのか?が分かります。

Netflixで配信されているドキュメンタリーの特徴でもあるのですが、急に時代が変わったりして、どんどんと作品に引き込まれちゃう。そして、エピソードの終盤で華麗に収束する。伏線を回収された気分になります!

インタビュアーでもあるデイビス・グッゲンハイム監督の多面的な質問が大きく影響して、少しずつビル・ゲイツの素顔を知れるのも嬉しいところ。それを感じ取れれば、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が設立された理由も改めて分かるはずです。

あと、パートナー間の絆も描かれていて、お互いを信頼して、それぞれの強みを発揮する様子は、憧れを抱く人もいるかもしれません。

本気で世界を変えようとしている姿に注目です!

Top image: © Netflixオリジナルシリーズ『天才の頭の中:ビル・ゲイツを解読する』独占配信中