「Netflix」が日本初となる制作拠点として「東宝スタジオ」と提携!

世界各国でオリジナルコンテンツの制作に力を入れている動画ストリーミングサービスの「Netflix」が、日本におけるコンテンツ制作拠点を構えたことを発表。

数多くあるスタジオのなかから選ばれたのは、日本が世界に誇る「東宝スタジオ」だ。

「東宝スタジオ」は、1932年の開業以来『7人の侍』『ゴジラ』シリーズなど数多くの名作の撮影拠点として使用された歴史を持つ、日本最大級の撮影スタジオ。

「Netflix」は、今後、複数年に渡って「東宝スタジオ」を利用して作品制作をおこなう契約を結んだという。

同社は、今年4月より「東宝スタジオ」での撮影を開始し、オリジナルコンテンツの制作をより積極的に行う姿勢をみせている。

実際に『全裸監督 シーズン2』『ボクたちはみんな大人になれなかった』『浅草キッド』など複数の実写コンテンツの配信を控えており、今年も多様な作品が送り出されるとのことだ。

ついに日本にも制作拠点を構えた「Netflix」。日本の制作現場から世界に広がるような新しいコンテンツが誕生することに期待したい。

Top image: © 東宝スタジオ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事