4組のアーティストに導かれて「糸の旅」へ出かけよう

Yarn(ヤーン)

【名】織物や編み物に用いる糸で、天然繊維や合成繊維を紡いだもの

【動】面白い冒険談をたっぷり話し、楽しませること

本作品のタイトルである「YARN」は、英語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた異色作だ。それでは、昨今のニットやかぎ針編みのアーティストたちのムーブメントを目の当たりにすることができるクラフト・アート・ドキュメンタリーを紹介しよう。

アイスランドの羊と
編み物の関係

D23d401bed6e27d2680713b2ebacd805aeec06ac

北欧のアイスランドの正式名称は、アイスランド共和国。北海道と四国を合わせたほどの国土には、人口の数より羊の数が多いと言われている。約1,000年前、バイキングが入植時に持ち込んだといわれている羊は、羊毛や食肉としてアイスランド人に寄り添う存在なのだそうだ。

そんなわけで、アイスランドは、編み物がどっぷりと生活に根ざしている国としても知られている。小学校で男女共に編み物の授業があり、手編みの服を着ている人は珍しくない。襟まわりの模様に特徴のある伝統的な編み込みセーター(ロピペィサ)は、代々編み継がれ、軽くて防寒性に優れた国民服となっているとのこと。

4組のアーティストが
固定概念を覆す

D0547ae5c276bd117b9bafcbf896166f2dcc78f4Fa8c873bb663847e0bfefc7c3431ec3fba030124

本作に登場するのは、4組のアーティスト。ゲリラ的に街をニットで彩るヤーン・グラフィティでアイスランドから世界へ旅するティナ、白い糸を人生のメタファーとしてアクロバティックなパフォーマンスを見せるサーカス・シルクール、「編むことは言葉であり、コミュニケーション」と全身ニット集団と街を練り歩くオレク、子供たちの想像力を刺激するカラフルなネットの遊具を国内外で作り続ける堀内紀子

298999b7c89ede1c4f186e80af162d104a06c4df99cd601eb342c03bb83444ef6eb2eb77925291bf

彼らのスタイルはそれぞれ違うが、共通するのは、編み物を通じながら、人や世界とつながっていくところ。手芸という範疇を越えて、彼らは、編み物にアートとしての新たな可能性をひらすらに追求しているのだ。

アーティストと共に
世界中を旅した「糸」の冒険

54e6b2c22519f5b02b872f231f3c8b6bbc3ab0f919cae9286aba9bd8e5afbb010b1caa47f5aae2a0

アーティストと共に旅する「糸」は世界中を冒険してきた。その様子は、アイスランドにはじまり、デンマーク、ドイツ、ポートランド、スペイン、イタリア、ハワイ、キューバ、カナダなどに及んでいる。撮影は、約2年という長い時間をかけて行われたようだ。

それぞれの国々でアーティストたちが、糸に新たな息吹を与えていく様子をとらえた映像は、それ自体が「動く作品展」そのもの。ひと編み、ひと編み、無心で反復行動を続ける姿は、さながら、ヨガ行者のような印象。女性たちが伝えてきた「糸」や「編み物」の文化を躍動感のあるタッチで描きながら、僕たちを「糸」の世界へと誘ってくれる。

『YARN 人生を彩る糸』
2017年12月2日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー。公式サイトはコチラ

© Compass Films Production 2016

Licensed material used with permission by YARN 人生を彩る糸
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
イラレの操作スキルがあれば、なんでもリアルに再現できてしまうけれど、もっと身近な「針」と「糸」で、それを叶えるアーティストがいる。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
ケーキを切っていたら、生地がつぶれてクリームがはみ出してしまったり、ゆで卵を切ろうとしたら黄身がボロボロになったり……。包丁でうまく切ることができない食材...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...