一本の「長〜い糸」だけで、これらのポートレイトは描かれていた

その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、ただひたすら放射線状に糸を絡めていく。これを約3,000〜4,000回繰り返していく地道な作業の先に、想像もつかない展開が待っていた。

張り続けること3,000回以上
「糸」が輪郭を形成する

単純に糸を張り合わせていくようなものではない。できあがりをイメージしながら、放射状に張った糸の重なり具合を緻密に算出し、韻暗をつくりあげていく。そうして、糸を重ね合わせていくことで立体的に浮き上がってきたのが、ルネサンス期に活躍した画家エル・グレコの肖像画のモチーフだ。

テクノロジーを駆使しても
最後は人間の手で創造する

「A new way to knit」と題された一連の作品は、ギリシャ人アーティストPetros Vrellisさんによるもの。じつは彼が最も得意とするのは、ニットを使った制作ではなく、コンピューターサイエンスによるデジタルアートが専門分野。

今回のプロジェクトもデジタル画像を取り込んだプログラム上のアルゴリズムから、糸の張り方を計算していったそう。計算から導き出されたパターンは、じつに20億通り。そこからパターンを最適化して導き出したのがこの技法。さすがに、これは人間の力だけでは太刀打ちできない。

けれど、最後は人の手にこだわったrellisさん。こちらも気の遠くなるような作業をひたすら繰り返し、ビザンティン美術の表情が蘇った。

編み物の歴史は旧石器時代まで遡る。ニット編みを技法として用いるアート作品は数あれど、放射線状にしか糸を張っていけないという、デザインパターンに極端な制限があるなかで表現していく上では、ポートレイトが最も興味深い対象だった、とVrellisさん。以下の動画では、実際に長〜い糸を丁寧に編み込んでいくプロセスが確認できる。

Licensed material used with permission by Petros Vrellis, (Website)
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
Shannon Johnstoneは、犬たちのポートレイトを撮影して里親を探す。これまでに、殺処分されてゴミ埋立地に埋葬される予定だった158匹の尊い命が...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
電動ドライバーを使って、木製パネルに固定して製作されたもの。磁石に引き寄せられる上の作品『screw art』に使用されているのは、じつに10,000本のネジ。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
11日にフィンランドで「ヘビーメタル編み物世界選手権」が開催された。文字通りヘビメタの音楽にあわせて編み物をするというものだが、これ、写真で見ても動画見て...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
2017年は、6月10日が「世界編み物デー」だとか。そう聞くと、なんとなく編み物が好きな女性のための1日をイメージするかもしれませんが、ここで紹介するのは...