僕と愛車の365日

目的なんて聞いちゃいけないし、あったとしても大したモンじゃない(多分)。でも、なんだろう。このジワジワくる感じ。

オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)

いいじゃないか、
本人が楽しそうなんだから

Fe59631fc3cbe574147b112922937b981cbe0f1a
©STEFAN DRASCHAN
098d6bd4c62676524c7b225fc5f6ae6d496e1388
©STEFAN DRASCHAN
760565eee8a0608784e14046e779f940469d7b85
©STEFAN DRASCHAN
Eff0091833566cfad0bdcdc28747264729f778b1
©STEFAN DRASCHAN
7e1bf5808c9dd08d7f4ff6275358342e72d4469f
©STEFAN DRASCHAN
Cfa6173bb25bebff54a33f6c5ce3889c69f48c0f
©STEFAN DRASCHAN
A7ec5b8a4506357621429ae791495ed95cd36d8e
©STEFAN DRASCHAN

一枚でもバカバカしいのに、連続で見ていくとジワってくるあたり、嫌いじゃないっす。しかも、Stefanのポージングがちょっと決まってるっていうのが、またニヤけるポイント。

自転車一台で、どこまでもおふざけに徹し、それをやり遂げる彼のバイタリティ。どうです?

Fe6e372acc75364990304f9f0e14f88867806e55
©STEFAN DRASCHAN
302ae0df932cd457a3c2bf9447628169dedaaf04
©STEFAN DRASCHAN
1505c4e418b2e84d224f26f4850ca629cd19d49d
©STEFAN DRASCHAN
68b32c1d5568603e6015eadff1ad4df35548fb2a
©STEFAN DRASCHAN
1c744223c002d6ce345b8c4c6df93317509bb164
©STEFAN DRASCHAN
45148c83bd4bf24393a65e355e7d5693a252c497
©STEFAN DRASCHAN

自転車に乗ってどこか遠くに出かけたい、かどうかはさておき、バカバカしくも穏やかなキモチになれるStefanの「bicycle-culture」。このほかにもまだまだ。

Reference: STEFAN DRASCHAN
Top image: © STEFAN DRASCHAN
約20年前に発売された折りたたみ自転車「トレンクル」。〈パナソニック〉と〈JR東日本〉が共同開発したチタン製モデルで、約7kgと超軽量です。簡単に折りたた...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
水筒の蓋に唇が触れるとセンサーが働いて、自動で開閉してくれる水筒Lyd。不注意でこぼしてしまうことがないから安心です。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
永遠に続くかのように見えるエクセルの行。じつは、最終行があるって知っていましたか?その行数は、なんと1,048,576行!普通に使う分にはこの最終行に到達...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
多くの人が共感して、彼女の投稿には約29万件のいいねがついています。
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
自転車移動が多いので、バッグの中にポンプは必須です。とはいえ、そうそう頻繁に使うわけじゃありません。となると、ここはファッション性重視で。僕が携帯している...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。