1日1個、毎日テディベアをつくり続ける少年。その理由とは?

オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。

なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プレゼントしているのです。

自分でつくれば
お金がかからない

ことの始まりは約3年前、キャンベルくんが9歳のとき。彼は両親にこう言いました。

「病気で入院している子どもたちに、クリスマスプレゼントを買ってあげたい」

しかし、それにはとてもお金がかかります。

両親に断られた彼は、ゲーム機を売ってまでして、念願のミシンを購入。自分のお小遣いで材料を買ってきて、クマのぬいぐるみをつくり始めたのです。

目標は
「1日1テディベア」

キャンベルくんはこれを「プロジェクト365」と名付け、1日1テディベアを目標にし、クリスマスになるたびに子どもたちに送っているそうです。

Facebookで写真を公開しながら3年ほど活動しているうちに、テレビにも取り上げられるようになり、この活動に賛同してくれる人も増えてきたと言います。いまでは、余った毛皮やリボンなど、材料を彼の元に寄付してくれる人も多いそうです。

また、キャンベルくんのつくるテディベアには市販品でなかなか手に入らないような、個性的なものが多く、それも人気の秘訣。すべてが手作りのため、世界にひとつしかありません。

また、自分でつくったテディベアをebayを使って販売し、その売上金をがん患者のためのチャリティ活動「リレー・フォー・ライフ」にも寄付しているそうです。

Licensed material used with permission by Son Whittaker
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
年に1回使うか使わないかのパスポートケースですが、これは365日使いたい。
Curtis Wiklundさんのスケッチは、妻Jordinさんと過ごす普段の何気ない生活を描いたもの。しかし、ここで取り上げるには“ある理由”があります...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
3月1日から、オーストラリアのクイーンズランド州で自動車のナンバープレートに「絵文字」を使用することができるようになります。使用可能な絵文字は全5種類。す...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
相鉄・JR直通線の開業を記念して「1日乗車証」が無料配布される。相鉄線内を自由に乗り降りできるもので、2019年12月7日(土)〜新年1月31日(金)のう...
2017年の出来事を、パッといくつ思い出せますか?
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
大切なテディベアを空港で失くしてしまったという4歳の女の子の悲しみの訴えがSNSで話題に。その投稿をローガンエアー航空会社のCAであるKirsty Wal...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...