特別な人にだけ教えたい、「とっておきの満月」がある。

当たり前なのだけれど、12月は「最後のなにか」でいっぱいだ。師も走り出してしまうほどあわただしいこの1ヶ月のうち、毎日と言っていいほどきっと「今年最後のなにか」がある。

仕事もプライベートもイベント尽くしで、ゆっくり空を見上げることも忘れてしまうかもしれない。けれど、4日の満月と、13日のふたご座流星群だけは、どうか見逃さないでほしい。

だってこの満月は
「最後にして最大」だから。

12月4日(月)の満月は、「スーパームーン」。月が地球に近づくタイミングと満月が重なって、通常よりも大きく見える特別な日なのだ。

2017年で、この日より大きい月はない。『国立天文台』によると、満月になるのは、日付が4日になってすぐ、0時47分。そして一番大きく見える(地球と近づく)のは、17時46分だそう。

月曜日の夕方。仕事帰りや、オフィスの窓から覗く人がきっと多いだろう。社内恋愛をひっそり楽しんでいる人には、最高の条件でしかない。

ぜひ、こっそり屋上で待ち合わせしたり、コンビニに行くことを口実に会社を抜け出してほしい。

「終末効果」を狙ってみる。

「最後」と結びついた何かは、記憶に残りやすいようになっている。終末効果や親近効果なんて言われているそれは、『人』と結びついた時が、きっと一番強くなる。

だからもし、好きな人にどちらかをあげると言われたら、“最後のなにか”を選びたい。だって上書きされていく“最初”より、ずっといい。

記憶に残りたいと思う誰かがいるのなら、「2017年最後の満月を、一緒に見た人」の座を、ぜひ狙ってみてほしい。

Reference:国立天文台
初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
「国立天文台」によれば、本日6月20日(月)は満月。そして夏至が近いこの時期は月の高度が低いので、夕日の影響で月が赤く(琥珀)に見える現象が起きます。これ...
冷凍庫から出したカチカチの肉や魚を瞬時に解凍するプレート「HOUCY」。
今年のクリスマスには、満月の夜が訪れます。「The Weather Channel」によれば、これは1977年以来38年ぶりのこと。しかも、次に見えるのは...
「めったにない」ことの例えでもある「ブルームーン」が今年はハロウィン当日に見える!ハロウィンと満月のタイミングが重なるのは、なんと約19年に一度!これは見...
8月8日は満月で、"部分月食"を観測することが出来る日です。日本で観察できるのは、2015年4月4日以来2年ぶり!「国立天文台」によると、月が欠け始めるの...
本日6月9日金曜日は「ストロベリームーン」と呼ばれる満月が見られる日ですが、全国的に天気はどうでしょうか。「国立天文台」によると、ベストな観測時間は22時...
月が美しい季節です。太陽のひかりの時間が短くなると、月灯りが広がり、穏やかで長い夜がはじまります。月は、私たちのこころを、静かに内省に導いてくれる存在です...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
2015年9月28日といえば、日本では月の大きさも明るさも増大して見える「スーパームーン」が話題。前日が中秋の名月ということもあり一気にお月見ムードが高ま...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
外でゆっくりと風を感じながら一杯。なんていうのが心地いい季節になりましたね。そして、9月は1年の中でも最も美しい月が眺められるチャンス!しかも2日連続でい...
『国立天文台』によると、皆既月食のはじまりは21時51分で、食の最大は22時29分。23時8分までの77分間は、赤胴色に染まる皆既月食がつづくみたい。ちな...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
天の川から16万光年離れた矮小(わいしょう)銀河のなかで1987年2月に出現した超新星(SN 1987A)で、中性子星が作られた可能性があるという。
3月10日(火)の午前2時48分頃、満月「ワームムーン」が出現!冬の最後を締めくくる満月をお見逃しなく。
夜空に、今年ラストから2番目の流星群が訪れるのは12月13日。「ふたご座流星群」。極大は14日の16時頃。明るくてこの時間には見えないけれど、日本ではAM...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...