3年ぶりの「皆既月食」!1月31日は月が赤く染まる。

新しい1年が、明日からはじまりますね。今日からちょうど1ヶ月後、1月31日は3年ぶりの「皆既月食です。

前回日本で見ることのできた皆既月食は、2015年4月4日。月がストレートティーみたいな赤胴色に染まる夜が、久しぶりに日本にやってくる。

皆既日食・金環食・部分月食とか、本当はすごく珍しい天文現象なのに、どうしてか「こないだもなかったっけ?」みたいな感覚になってしまうことがある。

だけど金環食なんかは、次に日本で見れるのは2030年だし、一生のうちに見れるのが数回しかない現象も、私たちは結構かんたんに、見逃してしまったりしている。

地球に生きているはずなのに、宇宙の出来事とは、どうも関係のない日常を生きている気がしている。毎年来るハロウィンやクリスマスは色づくのに、人生で数回しか見れない月の変化(しかも数分間)で街が盛り上がったりしないのも、その証拠なのかもしれない。

77分間の、赤い満月

E0f505fe3e7bc3b3d5581ba598a5aad2152a76f9880afae785eef451a94c28f55e9be853bba13935
Photo by 国立天文台

皆既月食のはじまりは21時51分で、食の最大は22時29分。23時8分までの77分間は、赤胴色に染まる皆既月食がつづくみたい。

ちなみに、3年前は皆既食の継続時間が12分間しかなかったから、こんなにゆっくり見ていられるのは、本当に久しぶりの好条件。

実際に地球を踏み出したこともなければ、宇宙で起こっていることを自覚するなんて不可能に近い。だからこういう日は、月って本当に地球の周りを回っているんだなぁ、なんて当たり前すぎる実感をさせてくれる、レアな日だ。

Reference:国立天文台
2015年9月28日といえば、日本では月の大きさも明るさも増大して見える「スーパームーン」が話題。前日が中秋の名月ということもあり一気にお月見ムードが高ま...
8月8日は満月で、"部分月食"を観測することが出来る日です。日本で観察できるのは、2015年4月4日以来2年ぶり!「国立天文台」によると、月が欠け始めるの...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
現地時間の21日、北アメリカ大陸を「皆既日食」が99年ぶりに横断しました。帯状の地域で、約2分間観測できたとのこと。地上にいたみなさんは、99年ぶりの皆既...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
ここで紹介するのは、2015年3月20日に撮影された皆既日食の動画。普段と違うのは、飛行機の中から撮影されたというところ。その珍しい経験を見逃さないため、...
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
初夏に観測できるというピンキーな満月、その名も「ストロベリームーン」。1年で1番カワイイ月が見れるのは、明日6月9日金曜日です!
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
12月4日(月)の満月は、「スーパームーン」。月が地球に近づくタイミングと満月が重なって、通常よりも大きく見える特別な日なのだ。『国立天文台』によると、満...
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...