Origamiに魅せられた男の「折り鶴」が、独創的すぎると話題に!

いまや世界各地で注目されるクラフトのひとつとなった「Origami」。ユニークな作風で芸術性の高い作品を折るアーティストは大勢います。そして、ここにも「折り鶴」に魅せられた、真の“Origamist(オリガミスト)”がひとり。その表現力の豊かさ、独創性、もはや我々の予想をはるかに超越しちゃってます!

ひとつとして同じものはなし!
折り鶴を365日、折り続けた男

Cristian Marianciucさんは、数ある折り方のなかでも特に「鶴」の美しさにハマってしまったそう。そして、2015年1月1日から毎日オリジナルの折り鶴を365日間折り続けるというテーマを自分に課し、プロジェクトを完遂しました。

ところが…300羽を折ったころに、日本の「千羽鶴」の情報を耳にしたというCristianさん。目標を1,000羽に上げて、新たなスタートを切りました。

外国人が折り鶴を折る。これだけでは、何も大した話題ではありません。ところが、彼の折る「鶴」はもはや、私たちが見慣れてきた“それ”ではありません。あまりの独創性に、途中から付いていけなくなるかも!?とにかく、必見です。

「折り鶴」その可能性は
無限大だった…

Cristianさんがどこへ向かおうとしているのかーー。もはや、私たち凡人には分かり得ない領域に達してしまっているのではないでしょうか。でも、トンデモなく斬新だってことは伝わってきます!

Licensed material used with permission by Cristian Marianciuc, (Instagram)
独創的な折り紙を「365日、折り続ける」ことに情熱を燃やす、Cristian Marianciucさんを紹介したのは去年の早春のこと。目標に掲げた1,00...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
アーティストの小野川 直樹さんの作品である盆栽と小さな折り鶴を一体化させた『鶴の樹』シリーズ。静かなのに、生命力を感じるこの作品。3.11を体験した小野川...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
独創的でハイセンスな唯一無二のひげ、ヒゲ、髭。テキサス州オースティンで開催された「世界ひげコンテスト2017」。もはやアートの域に達した、造形物のようなご...
東京ビッグサイトに次々と集まる、スーツ姿の医学生たち。そこで行われるのは、岡山県にある倉敷中央病院による、世界でも類を見ない過酷な「実技トライアウト」だっ...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
「マリンスノウ」をモチーフにした、体験型イベント『SNOW AQUARIUM BY NAKED』が開催中の「エプソン アクアパーク品川」。海の中に、神秘的...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
もしもあなたが内向的なら、幸せになるためには外向的な人と違うことをする必要があります。外向的な人のほうが有利な世の中。内向的な人は、不満が溜まってしまいま...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...