海外の「Origami愛好家の900日間」をダイジェストで!

独創的な折り紙を「365日、折り続ける」ことに情熱を燃やす、Cristian Marianciucさんを紹介したのは去年の早春のこと。目標に掲げた1,000羽に、いよいよ残り100羽を切ったそう。

これがただの折り鶴であれば、なんてことない話。だけど彼、どんどんクオリティを増していることがわかります。ここでは最初の1羽目から、900羽までダイジェストで紹介!

1羽目
(すべては、ここから始まった)

この真っ白な鶴から、全てが始まりました。まだ、折ることに慣れてないイビツな感じが、なんだか奥深い。

10羽目
(この頃はまだデザインもなし…)

この段階では、1羽目とあまり代わり映えがありませんね。レシート紙?

50羽目
(ちょっと変化が!?)

カタツムリみたいになってる!ここから、徐々に変わっていく気配が…。

100羽目
(ん?)

意外に平凡だった100羽目。さて、今後どうなるのか…。

106・110羽目
(折り紙の領域を超える)

羽をつけたり、ロウソクで照らしたり、先が楽しみになってきました。

200羽目
(グッと華やかに)

加工するのに慣れてきた200羽目。

290・293・294羽目
(個性あふれる面々)

今までよりも個性的な鶴たち。

300羽目
(ちょっと渋い)

ちょっぴり渋めな300羽目。1羽目に比べると折り方がかなりキレイ!

344・346・348羽目
(完全に覚醒)

華やかな作品が続々と登場。これは、次からも期待できますね。

350羽目
(あ、あれ?)

ここに来て急に!?と思ったら、実はこれを折った日に、別の鶴が2羽盗まれてしまったそう。落ち込んでしまったCristianさんの気持ちが、鶴に表れています。

351羽目
(アイデアが止まらない)

辛い出来事があったけど、彼はひたすら作り続けます。

365羽目
(とりあえず、一区切り)

当初の目標である365羽に到達!これからも、まだまだ続きますよ。

377・380・381・382羽目
(カワイイ系にハマる?)

この辺りは、カワイイ系ばかりで和む。

400羽目
(どこを目指しているのか…)

Cristianさん、ちょっと迷走しているのでしょうか。

443・445・449・463羽目
(植物シリーズ開始)

花を使うとグッとイメージが変わりますね!

500羽目
(折り返し地点は繊細な羽で)

1,000羽まで残り500羽!

524・571羽目
(日本の浮世絵と神社も登場)

葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」と、京都にある「伏見稲荷大社」も鶴に。

600羽目
(「芸術は爆発だ!」)

もう、スゴイとしか言いようがありません。

700羽目
(光と影までも)

光と影を利用した折り紙。洗練された感じが出てます。

753・755・756羽目
(負のオーラ)

カオスな感じでちょっと怖い。彼に何かあったのでしょうか?

759羽目
(目を疑うような出来事が…)

見てはいけないものを見てしまったのかも。

800羽目
(やっとここまできた)

900羽まで、あとちょっと。ドキドキ。

857・864・883・889羽目
(もはや、職人技)

最初の頃とは比べ物にならないほど、クオリティが高くなっています。いよいよ次は、900羽目!

900羽目
(ついに、残り100羽!!)

「今まで折った900羽の物語を背負って、この鶴は飛び立ちます」

残り100羽ということで、今回の鶴にはCristianさんの強い思いが込められていますよね。

こちらも、なんだか心が熱くなってきました。もうすっかり、24時間テレビのマラソンランナーを応援しているような気持ちに。

最後の折り鶴は9月27日に完成予定。ここまで来たら最後まで見届けたい!

Licensed material used with permission by Cristian Marianciuc(Instagram), (Facebook)
いまや世界各地で注目されるクラフトのひとつとなった「Origami」。ユニークな作風で芸術性の高い作品を折るアーティストは大勢います。そして、ここにも「折...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
諸説あるものの、一般的に「折り紙」は日本の伝統文化のひとつ。求められる細やかな手先の動きが脳の発育にも役立つとされるなど、いまや世界中の人々を惹きつける遊...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
ハーバード大学とMITの研究所が協力をして、新たなソフトロボティック人工筋肉を開発しました。その構造にインスピレーションを与えたのは、日本の「折り紙」でした。
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...
マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した新しい素材は、日本の折り紙からヒントを得た「aeroMorph」。布や紙、プラスチックなどのベースに菱形模様を...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...