9月から「紙製パッケージ」になるキットカットで「折り鶴」をつくろう

「キットカットで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、伝えたい人に届けよう」。

これは9月からキットカットのパッケージを紙製に変更すること発表したネスレ日本によるキャンペーンの内容。

これまでは廃棄するだけだったパッケージが紙に変わることで、「折り鶴」として人に想いを伝えるコミュニケーションツールに変身。商品に新しい付加価値をつけるクリエイティブな発想だ。

プラスチックごみの廃棄問題という課題解決に向け、ネスレグループは2018年4月に「25年までに包装材料を100%リサイクル可能、あるいはリユース可能にする」ことを誓約。その実現に向け、世界でもっともキットカットを販売している日本市場で、大袋タイプ5品の外装をプラスチックから紙パッケージに切り替えることで促進を図る。

ひとつの企業が取り組む社会貢献というだけでなく、日本伝統の想いや願いを伝える象徴「折り鶴」により、脱プラスチックの意識がより世の中に広がることを期待したい。

©ネスレ日本
Top image: © ネスレ日本
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「HellthyJunkFood」から。自宅で失敗せずに巨大キットカットを作る方法が公開されている。動画内にはしっかり失敗する様子も入っているので実行する...
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
今秋注目のチョコレート菓子は、ネスレ発「カカオの果肉入りキットカット」だ。砂糖の代わりに、近年注目が高まる「カカオパルプ」を乾燥・粉末化したものが加えられ...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。