9月から「紙製パッケージ」になるキットカットで「折り鶴」をつくろう

「キットカットで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、伝えたい人に届けよう」。

これは9月からキットカットのパッケージを紙製に変更すること発表したネスレ日本によるキャンペーンの内容。

これまでは廃棄するだけだったパッケージが紙に変わることで、「折り鶴」として人に想いを伝えるコミュニケーションツールに変身。商品に新しい付加価値をつけるクリエイティブな発想だ。

プラスチックごみの廃棄問題という課題解決に向け、ネスレグループは2018年4月に「25年までに包装材料を100%リサイクル可能、あるいはリユース可能にする」ことを誓約。その実現に向け、世界でもっともキットカットを販売している日本市場で、大袋タイプ5品の外装をプラスチックから紙パッケージに切り替えることで促進を図る。

ひとつの企業が取り組む社会貢献というだけでなく、日本伝統の想いや願いを伝える象徴「折り鶴」により、脱プラスチックの意識がより世の中に広がることを期待したい。

「紙製パッケージ」になるキットカット「折り鶴」
©ネスレ日本
Top image: © ネスレ日本
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

切なく官能的な作風でおなじみのイラストレーター・たなかみさきとコラボレーションした新商品「キットカット めかくしショコラトリー」がデビュー。
「キットカット」が先日英国で打ち出した広告が、多数のメディアに取り上げられ話題を呼んでいる。なんと「The KitKat kit」と名付けられたプラモデル...
「キットカット」が、生誕85周年を記念し、キャッチコピー自体に「ブレイク」を与えると宣言。現在代打となる新たなキャッチコピーをSNSなどで公募中だ。採用賞...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
「HellthyJunkFood」から。自宅で失敗せずに巨大キットカットを作る方法が公開されている。動画内にはしっかり失敗する様子も入っているので実行する...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。