「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。

「特大スイーツ」って、甘いモノ好きなら誰もが一度は夢見るもの。バケツプリンとかジャンボパフェとか。でも「家で巨大キットカットを作る」っていうこの動画は、それ以前に作業中の様子に笑わざるを得ない。一回失敗しちゃってるし、途中にナゾのパートもあるし(笑)。

でも最後にはうまくやるためのコツもわかるので、気長に見れば案外役に立つのかも?

欲望に一直線!!

初っ端から、「キットカットはチョコとクッキーがあれば万事解決!」と言わんばかりの豪快さ。

まずはクッキー部分を作る模様。小麦粉、砂糖、塩、ベーキングパウダー、バニラの液体甘味料を2カップずつ。上の画像の黄色い液体は卵ではなく「溶かしたバター1スティック」とのこと。欧米は規模が違う。さらに卵の黄身を4つと、ふるった小麦粉をドバドバ投入して、クリーム状になるまでミキサーで勢いよく混ぜてゆく。

あれ?クッキーってさっくり切るように混ぜないといけないんじゃなかったっけ…と思った鋭い人は、この後の出来上がりに乞うご期待。

一通り混ぜたら生地を焼き上げる。

ロゴがないとただの巨大チョコバーになってしまうので、続いてキットカットのロゴを型紙で用意。天面にチョコレートで貼り付けておきます。

「裏からロゴを見る機会なんてないから、配置が難しいなぁ」と製作者。

チョコとクッキーを交互にセットして固める。見ているだけでお腹いっぱいになりそう…。

バンッ!!!!!なんだこの重量感。勢いよく叩きつけて型から出す。これで完成!と思いきや…

あれっ?
なんかガッサガサだ…

「チョコの溶かし方が雑すぎたかな〜」とのこと。とりあえずはこのまま行こう。

キットカットなら2本セットじゃないと。と言うわけでボンドよろしくチョコをどぱどぱ使って真ん中を繋いでみた。

これで一応キットカットの様相に!出来上がった巨大チョコを前に、「半分こしようよ!」と持ちかけるカメラ係の男性。半分こはキットカットの醍醐味だからね。しかし…

わ、割れない…。チョコはもちろん、クッキーも石のように固い!

刃物を使ってやっと割っても、今度は切れない。

「見た目がかなり悪い」とぼやく製作者。

そしてこの表情である…。

やっぱり、
料理はひと手間が大事

ということで今度はお鍋でちゃんとお湯を沸かし、丁寧に熱してチョコを溶かしてみよう。

(飽きてきたのか、このお湯でこっそりとうもろこしを茹でるカメラマンの男性)

チョコの量も半端じゃないので、ずっと混ぜているとヘロヘロになるそう。

「側面からクッキー部分が見えるとガッカリだから、今度は横にもちゃんとチョコを塗るわよ」

クッキーを焼く気力はなかったのか、中身はオーブンで軽く熱したウエハースに交代。こっちの方が簡単だし、食感も近そうだ。

(とうもろこしも茹で上がったみたい)

(あっ、見つかった)

気を取り直して再びチャレンジ!すると今度は金の延べ棒のごとくツルツルの美しさに。作者も思わず「こんなに綺麗になるなんて…キットカットのロゴを入れればよかった!」と漏らすほど。

今度はこの笑顔!成人男性の1日の摂取目安カロリーの約6.8倍である、13,600kcalのカロリーおばけ。

クッキーのウエハースへのチェンジが功を奏したのか、包丁もサクサク入って今度こそまるで本物のキットカット。作るならこっちを参考にしたいところ。

本物のキットカットと並べてみると、クレイジーなサイズがわかるなぁ。

何もやることがない暇な一日に一人で作って食べるもよし。友達とのパーティーや、サプライズバレンタインに使うもよし。何かの時に実行してみるのも1回くらいならありかもしれない。

ちなみに「Healthy」ならぬ「Hellthy」なジャンクフードの作り方は他にも公開されているので、興味がわいたらぜひこちらからのぞいてみて。

Licensed material used with permission by HellthyJunkFood(facebook), (YouTube), (Twitter), (Instagram)
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
ドイツ在住の美大生Laurel Driskillさんが投稿しているASMR動画は、熱したナイフでクレヨンや口紅、ゼリーなどカットしていくところ。音だけでな...
画質の荒さから推測するに、決して昨日今日に撮影されたものではないだろう。一見すると、移動式の床屋のようにも思える。が、その実態はトンデモなかった!「さあ、...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
バレンタインデーは、大切なパートナーへチョコレートを贈る日。男性からすると、もちろんそれだけで十分なのですが、その代わりとして、あるいはプラスして何かをプ...
YouTubeでは、変わった挑戦をしている動画が爆発的な再生回数を記録することがありますが、今話題なのがこちら。まずは見てみましょう。1,500ガロン(約...