【本日まで!】「キットカット」が新キャッチコピーをSNSで募集中

「Have a break, have a KITKAT」でお馴染みの「キットカット」が、生誕85周年を記念し、キャッチコピー自体に“ブレイク”を与えると宣言。代打となる新たなキャッチコピーをSNSなどで公募中だ。

© kitkat/Instagram

みんな大好きキットカットが、1935年生まれということにまず驚くが、発売当初からずっと同じコピーを使い続けてきたことにもびっくり。変わり続ける世の中で“変わらない”ことが、ファンの心を掴む一因になっているのかもしれない。

キャッチコピーが採用された暁には、周年と同じ「85時間分」のブレイクが贈られるのだとか。

応募要項によると「素敵なホテルでの85時間(3.5日間)の滞在権」とのこと......って、キットカット85時間分じゃないんか〜い(笑)

ご丁寧にホテル予算の記載もあるが、日本円にして約60万円。宿泊地域に制限はないので、国内の憧れのホテルに泊まれちゃうかも。

応募方法は、FacebookInstagramTwitterYouTubeのどれかで、「#ABreakForHaveABreak」と共に、キャッチコピーを投稿するだけ。

応募期間は本日10月26日の23:59まで!今ならまだ間に合う!

Top image: © Jason Adlen/Bloomberg via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヴィーガンな原料のみで作られたキットカット......その名も「キットカットV」が誕生!
「キットカット」が先日英国で打ち出した広告が、多数のメディアに取り上げられ話題を呼んでいる。なんと「The KitKat kit」と名付けられたプラモデル...
ネスレ日本は、キットカットのパッケージを来月から紙製に変更。その紙製パッケージで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、想いを伝えたい人に届けようと推奨するキ...
切なく官能的な作風でおなじみのイラストレーター・たなかみさきとコラボレーションした新商品「キットカット めかくしショコラトリー」がデビュー。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
今秋注目のチョコレート菓子は、ネスレ発「カカオの果肉入りキットカット」だ。砂糖の代わりに、近年注目が高まる「カカオパルプ」を乾燥・粉末化したものが加えられ...
「HellthyJunkFood」から。自宅で失敗せずに巨大キットカットを作る方法が公開されている。動画内にはしっかり失敗する様子も入っているので実行する...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...