「Aerのポーチ」は、銭湯タイムにもハマります

機能的でタフなバックパックに定評のある「Aer(エアー)」ですが、こんなプロダクトも出してます。

基本的には、洗面用具を収納して旅先に持っていくための、いわゆる化粧ポーチ。こういうモノは各コンパートメントのサイズや配置の話になりがちですが、デイリーユースを想定するなら見た目も大事。

その点、このポーチはオフィスの風景にも馴染むスマートなルックスがまずうれしい。ビジネスバッグに入れてても違和感はありません。

©TABI LABO 2019

オフィスだけじゃなくて、自分ならシャンプーや洗顔料、ハンドクリームなんかを詰め込んで、仕事帰りの銭湯タイムにも使っちゃう。

フックを備えているから、ロッカー内に吊り下げることだってできる。銭湯のロッカーって狭いところが多いから、コンパクトかつフルオープンで視認性が高いのは大きなメリットです。

©TABI LABO 2019
©TABI LABO 2019

風呂上がりに歯を磨いたら、外付けの歯ブラシホルダーで乾かしつつ帰宅。サッと取り出したい自宅の鍵は外側のジップポケットに。ダメだ、想像すればするほど欲しくなってきた……。

購入はMSPC PRODUCT ONLINE STOREから。

Top image: © TABI LABO 2019
毎日使える「トラベルグッズ」がいっぱい!
サンフランシスコを拠点とするバッグブランド「Aer」とホテルブランド「ナインアワーズ」が異色のコラボレーション。シティトラベルに最適なキャリーバッグのコレ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
「LORINZA(ロリンザ)」のトラベルポーチは、朝の時短に役立ちます。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
遊んでるクセに実用性が高い「LORINZAのポーチセット」の紹介です。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
イタリアのデンタルケアブランド〈Marvis(マービス)〉のトラベルセット。スタイリッシュな見た目は、旅はもちろん、オフィス用にも重宝します。
先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンには、ガルウィングドアやタイムトラベル用の装置が搭載されています。まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデ...
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC SHEET」。旅のお供に最適なコンパクトサイズのクッションシートだ。
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「BLACK COLLECTION」。ビジネスパーソンのためのシックなコレクションだ。
〈TO&FRO〉の「レインパンツ」。このブランドは軽量織物の分野で世界的な評価を得ているメーカー発ということで、素材がスゴイ。
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
アメリカでは、クラウドファンディングでアパレル史上最高額となる23億円の支援を集めたという〈BAUBAX(バウバックス)〉のトラベルジャケットが、満を持し...