外観だけでなく、中身までデロリアンのように改造された「バン」

Instagramで#VanLifeを検索すると、それぞれの生活のニーズに合わせて改造されたバンを見ることができます。そこに、大きなスピーカーが付いていたり、2段ベットがあったりと、遊び心があることも。

先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンも、ユーモアに溢れたデザインになっています。それはガルウィングドアやタイムトラベル用の装置という特徴があって、『Back to the Future』のデロリアンにそっくり。

外見だけでなく
細部へのこだわりも

カスタムされたのは、多くの人がバンライフを送るうえで愛用している「フォルクスワーゲン タイプ2」。古い型の車だけに、エンジン故障などのトラブルの可能性もありますが、そこがまたデロリアンっぽさを感じさせます。

車両後部のデザインは、ゆったりとくつろげるようにソファやテレビが搭載されています。

この車でタイムトラベルをした気になって、その時代にしかなかったものしか使わないキャンプも、楽しそうだな〜。お値段は、約1,000万円。高いと思うか、安いと考えるかは、あなたの『Back to the Future』への熱意によるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Velocity Motorcars
移動も宿泊も思いのまま。キャンパーバンで「車中泊」をしながら停まった場所を泊まる場所にする「バンライフ体験」を。
1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティが向かった30年後の未来。それが2015年だったって知ってました?タイ...
仕事を辞めて、クルマを改造して、旅に出る。まあ、1度はそんな話を聞いたことがあるかもしれないが、RichmondとJulianaの2人ほどDIYに徹底して...
トラヴィス・バークさんはおばあちゃんの古いキャンパーバンを改造して大自然を巡る旅に出ました。その息を呑むような「アメリカ」の美しさはハッキリいって超ド級!...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
英国を周っている、このバンが何を運んでくれるのかって言うと、ドアに書いてある通りの『プロセッコ』。イタリア・ヴェネト州で育ったぶどうを使う、スパークリング...
創業80余年の老舗納豆メーカー「富士納豆製造所」が「大月桃太郎伝説」をテーマにした新感覚エンタメ系納豆を発売。
カナダのユーチューバーであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
一生に一度はやっておきたいこと、やってみたいことってありますよね。そんな中でもランクインしやすい「キャンピングカーで大陸横断」、「バンライフ」、「ひとり旅...
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
WEBサイトは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
「使わなくなった飛行機を、無意味に廃棄するのはもったいない。もっと使い方があるはずだ。たとえば、家にするとかね…」そう話すのは、米オレゴン州ヒルズボロの山...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...