いま猛烈にほしい家がある。それは、UAZ。

トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。UBERなんて定額制をはじめたし、これからは自動運転だってあたりまえになる。
 
移動するためのインフラとして車は、すっかり僕らの生活に溶けている。だからこそ、トランスポーター(移動手段)としての車に、僕らはどんどん興味がなくなっている。

そんななかで、移動できる「家」としての車が最近じわじわ盛り上がりを見せている。

#vanlifeって知ってる?

最近TABI LABOでもよくとりあげるけど、VWのワーゲンバスを改造して旅にでたりスポーツ選手やIT企業の社員がバンで暮らしたり、新しいミニマルな、またはカッコいい暮らし方の象徴として、VANタイプの車が注目されるようになってきた。

こういうカルチャーの最前線はInstagramで「#vanlife」っていうキーワードを検索すると、本当にかっこいい写真がたくさん出てくる。それを見るたびに、バンはただのトランスポーター(移動手段)じゃない、最高にイケてる家だよね、って思ってた。

しかも、好きなときに好きなところに移動できる、家。

#vanlifeするなら、僕はやっぱりUAZが欲しい

僕はいま、猛烈に欲しい車がある。それは、UAZ。
これは僕にとっては、10年以上憧れ続けている、VAN。
移動できる「家」として、今1番欲しい車。
UAZ ロシアの軍用車 バン生活

東京に少し窮屈さを感じてる僕は、UAZが欲しくてたまらない。#vanlife とまでは言わないけど、すこし気を抜くために、東京を囲む大自然を満喫するために。

好きなところに、好きな時に出向き、好きなところでご飯を食べ、好きなところで眠る。

そんな開放感と自由を感じるために、僕はやっぱりUAZが欲しい。

わかる人にはわかる、UAZの魅力

UAZは元々はロシアの軍用車。だけど、ロシアだけではなく、東欧でもいろんなところで走ってるわりとポピュラーな車。バスとして使われていたり、トラックだったり、救急車だったり、様々なシーンで大活躍。

古いVW好きや、カルチャーを愛する人ならわかるとおもうけど、こんなキュートなフォルムの車が、しかも!現行車で存在することに、心の底からリスペクトしている。
 
ロシアの軍用車 UAZ バンUAZ バン ロシアの軍用車
このフォルムで、このアナログな装備。最近の新車に乗ってる人たちからすると、手間暇かかりすぎて、なんじゃこりゃ。となるレベル。たぶん、お尻が痛すぎて、乗れないはず。
 
でも、その手間暇とアナログ感を楽しめる人だけが、こんなキュートでいけてるUAZとともに、#vanlife をスタートさせることができる。

車は改造するといろいろできる。
いや、家にもなる

僕が昔宮崎に住んでいたときは、ハイエースの後ろ側をベットに改造して、乗っていた。これがものすごい便利。車中泊はもちろんのこと、キャンプに行っても、テントをたてる機会が激減。
 
コンロや移動先で調達した食料を積んで、最高にきれいな海の近くで料理したり。もう、本当に「移動する家」っていう言葉そのままだ。ポイントはキャンピングカーみたいな立派な設備を備えていない車でも、インフラ(コンビニでのトイレや道の駅、温泉など)が整っていれば、全然不自由を感じない。道の駅やコンビニが増えたことによって、キャンピングカーでなくても、車中泊しながら日本を旅することは、いま本当にすっかり定着している。
 
VANがあれば、僕らは移動しながら、暮らすことができるし、好きなときに好きなところに行くことができる。

つまり、少しだけ自由になれる。

東京で#vanlifeするために、
僕はやっぱりUAZを買う

日本で唯一UAZの輸入代理店をしている、新宿にある岩本モータースに6年ぶりに電話をした。
 
僕は6年前に、UAZを買うことを本気で検討していた時期があり、色々問い合わせていたことがあったので、担当の岩本さんも覚えていてくれた。記事にもしたいので、色々問い合わせていたところ…。
 
なんと、排ガス規制の関係で、ここ数年とりあつかいをやめていたのこと。
が、しかし、最近またロシア側から「ヨーロッパの排ガス規制に対応したエンジンに載せ替えたので、取り扱ってほしい」との連絡が岩本さんに入ったところで、ちょうど輸入再開を検討中とのこと。
 
岩本さんが扱っているUAZは、VAN TYPE3909という日本の仕様にあわせたオリジナルのカスタムタイプで、価格は約400万円。もちろん新車のUAZ。発売再開は、来年の春頃を予定。まだ、どうなるかわからないと言っていたけど、ぜひとも、再開してほしい。
 
家も車も欲しいとおもったことはないけれど、400万円で移動式の家が手に入るなら…。

実際にUAZを購入するとなると、結構な金額だし、維持費も手間もとてもかかる。すこしばかり、いやだいぶめんどくさい車なんだけど、それでも時間をかけて、街乗りも山も海も楽しめる仕様にゆっくり改造して、僕は東京で#vanlifeを楽しみたい。

来春の発売再開が心から待ち遠しい。東京で、少しだけ自由になりたい。
Licensed material used with permission by UAZ(岩本モータース ワズ・ジャポン事業部)

関連する記事

3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
移動も宿泊も思いのまま。キャンパーバンで「車中泊」をしながら停まった場所を泊まる場所にする「バンライフ体験」を。
一生に一度はやっておきたいこと、やってみたいことってありますよね。そんな中でもランクインしやすい「キャンピングカーで大陸横断」、「バンライフ」、「ひとり旅...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンには、ガルウィングドアやタイムトラベル用の装置が搭載されています。まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデ...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
4月17日から「Apple TV+」にて配信されているドキュメンタリー「HOME」は、タイトルからもわかる通り、「家」という居住空間に焦点を当てた作品だ。...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
「Camp Ride」は、日本全国でのキャンピングカー予約ができるほか、初めてキャンピングカーをレンタル(または購入)を考えている人に向けた関連情報を取り扱う。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
雨季以外はほぼ夏というダナンで、住人がエアコンの使用に依存することなく快適に暮らせるよう考案された、アイロンビーズのような家があります。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...