【ラブリ】いま、僕らが“旅”と言っているもの vol.7

AirbnbやUberなどによって発展したシェアリングエコノミー。InstagramやFacebookなどによって多様化したコミュニケーション。

テクノロジーの発展は、言葉の概念すらもアップデートしたのかもしれない。

移動が当たり前になった「日常」
変わり始めた「非日常」

4826369305346048
© 2018 Koki Yamasaki

日常の延長線上に旅があるという考えのもと、ファッションモデルのラブリさんとTABI LABO代表の久志尚太郎は、『いま、僕らが“旅”と言っているもの』というテーマで話を進めてきた。

最終回となる7回目の対談には、新たな発見があるはずだ。

<前回の記事はコチラ>

旅先でも“馴染む”感覚を
得られるようになった

久志 去年、フィンランドとエストニアとイタリアに超弾丸の旅をしたんだ。目的が明確だったから楽しかったよ。しかも、見たかった景色ではなくて、欲しかった体感が得られて。

この間、ラブリちゃんが行った台湾はどうだった?

ラブリ 自分の着ているいつもの服が、違う国で馴染んでる体感があったの。服に匂いがしみついてる!みたいな。

ラブリ パリに行ったときによく着ていたコートがあるんだけど、クローゼットを見たときに思い出すわけ。「これ、パリに連れていったな」って。これは服自体が体感していることだから、そういう意味では体感という言葉もひとくくりにはできないのかも。

久志 僕は熱量にあると思ってる。サウナに行ったとしたら、どういう気持ちになるのだろう?とか、どうやって“ととのう”のだろう?とかを想像する。それが知りたかった。

ラブリ その体感にプラスマイナスはないでしょ?

久志 そう。がっかりするのは悪いことじゃないから。心地よさを自分の中に取り入れていく感覚。

ラブリ うん、わかる。旅先で新しい服を新調するのもいいけど、いつもと同じ洋服で違う景色を見ている方が馴染んでる気がする。慣れた服だから心地よさもあるし。

久志 だから、「暮らすように旅をする」も馴染むって感覚に近いよね。

有名なラーメン屋に行くよりも、隣のおっちゃんと色々なことを話しながら食べたラーメンの方が馴染んでるし、記憶に残ると思う。アンコールワットに行って写真を撮るだけだと、馴染んでないし“非日常”にもなっていないんだよ。

ラブリ なるほどね。なんかわかる気がする。

久志 実際にアンコールワットを見たとしても、馴染んでいないなら、それは日本で見ているのとイコールだよね。それはまだ日常で、非日常になってない。

ラブリ アンコールワットで馴染んでる自分は“非日常”を体感しているってことだよね。

久志 そう。アンコールワットを東京からSNSでよそ者として見ているのと、カンボジアに行ってもよそ者として見ているのとでは一緒なわけ。物理的に移動してたとしても、やってることは変わってない。

だから、目的がなく誰かと話しているときの方が馴染んでるし、記憶に残るんだよ。そこで初めて“非日常”になる。

ラブリ “非日常”の定義が少し違ったんだね。

久志 今までは、普段とは別の場所に行くことが非日常だったけど、もうすでに行くこと自体は日常になっている。そこに馴染めるかどうかが、日常と非日常を分けるポイントなんだと思う。

いま、僕らが“旅”と言っているもの
【Contents】

「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
旅には、人生が凝縮されています。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組『TAKI BITO』。「人生の種火 = 転機や大きなきっかけ」について、事前台本一切なしの等身...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
僕らはこの世界にいる。そして自らの選択次第で自由な生き方は実現する。でもあなたがその選択に迷ったとき、一歩を踏み出すきっかけになってくれるプロジェクトがあ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...