【ラブリ】いま、僕らが“旅”と言っているもの vol.6

失敗することで限界を知れる。自分について勉強ができる。見えてなかったものが見えてくる。だからこそ、チャレンジはやみつきになる。

未知のものを体感する楽しさ

4957197230407680

ファッションモデルのラブリさんとTABI LABO代表の久志尚太郎による、対談シリーズ『いま、僕らが“旅”と言っているもの』。

第6回は前回のテーマである「ひとり旅の目的」から一歩進んで、自分の世界観を広げる意味について考える。

<前回の記事はコチラ>

“未知”を知ることで
自分の世界が広がっていく

久志 世の中に価値として定義されてないものは、きっとたくさんある。インターネットに一切情報が載ってないお店とかね。これを発見して定義していく作業は、旅に似ている気がする。

ラブリちゃんが言っていたコアな情報を見つけるのって、同じような文脈にあると思う。

ラブリ 未知なることに興味があるんだよね。

久志 単に行ったことのない場所に行くとかではなくて、自分の常識から外れるという意味だよね。

ラブリ そう。この前、よく行くご飯屋さんに行ったら、シャッターが閉まってたのね。でも、キッチンのほうを覗いてみたら明かりがついてた。そこで、迷ったけど、コンコンってノックしてみた。

そうしたら、奥からお店の人が出てきてくれて、少しお話ができたんだ。それで「また来てね〜」と言ってもらえて。普通に通り過ぎてたら、何も生まれなかった瞬間だなって思った。

久志 いろんなものがわかってきているからこそ、わからないものに飛び込むのは大切なんだよね。

ラブリ でも、回数を踏まないとほんとに難しい。何回もやるからこそ、だんだんとハードルが下がるんだと思う。経験の積み重ねだよね。

久志 ということは、旅をしていると強くなれるのかな?

ラブリ そうだよ。きっと。

久志 そういえば、旅好きの人って、何かに挑戦することを幼いときからたくさん経験していて、しかも自然体でやってる気がする。

ラブリ たしかにそうかもしれない。私、中学校に入学するとき、違う区域の学校に行くことになったから、小学生時代の友だちがゼロの状態だった。

だけど、どうしても友だちが欲しくて、入学式の朝に会ったこともない同級生であろう子の家をノックしたの。

久志 すごいね!どうなったの?

ラブリ 「もう家を出ちゃったよ」ってお母さんに言われて。結局、友だちにはなれなかったけど、コンコンってできたことが、なんだかすごくいい気持ちだったの。

久志 やるかやらないの選択だよね。自分の姿をひろげるイマジネーションに近いのかもしれない。

ラブリ そうそう。だけど、間違えててもいいんだよね。やることに意味がある。


To be continued...

「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
旅には、人生が凝縮されています。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組『TAKI BITO』。「人生の種火 = 転機や大きなきっかけ」について、事前台本一切なしの等身...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
僕らはこの世界にいる。そして自らの選択次第で自由な生き方は実現する。でもあなたがその選択に迷ったとき、一歩を踏み出すきっかけになってくれるプロジェクトがあ...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...