「いまも生きていたら、この時代を何て言うのかな?」

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。前回 につづいてロック・バー「ジャニス」のマスターにお気に入りをきいています。今回おしえてくれたのは、編集者でありコラムニストの『山本夏彦』。その魅力とは?

フェイバリット紹介者:梅村 勉さん

東京・阿佐ヶ谷にあるロックカフェ・バー『ジャニス』のマスター。

昔、軽井沢のレンタル自転車屋さんでジョン・レノンと遭遇した過去あり。

(声をかけたものの、ジョンは颯爽と自転車で走っていってしまったそうです)

#FAVORITE 04.
山本夏彦
(編集者・コラムニスト)

 

梅村:若い人は知っているひとが少ないかもしれないんだけど、いわゆるコラムニストとかエッセイストの走りになったひとじゃないかな。ずっと『週刊新潮』(新潮社)とかで書いていて。書いた本も、全部持っているよ。内容もそうなんだけど、文体が好きでね。ちょっと独特というか、クセはあるんだけど、簡潔で。

 

——読みやすそうですね。“クセ” って、たとえば?

梅村:ちょっと斜に構えているところがあって(笑)。でも、それはそれでいいと思うんだ。そういうスタンスということで。読んでいると結構腑に落ちることもたくさんある。本当にインテリというのか、教養があって。文庫本でもこのひとの本はたくさん出ているし、読みやすいので、若い人におすすめします。

 

 ——いまの若い世代って、むしろ斜に構えた視点を知りたいひとが多いんじゃないかと思います。

梅村:なるほどね。世の中のコメンテーターって呼ばれる人とかって、ひとつの流れにわーっと乗るというか、テレビなんかで特にそういうのをよく観るよね。話題としてはいまは少し落ち着いてきているけど、加計学園とか森友学園の話になると、みんな言っていることは同じだったりして。

それが良い悪いではなくて、なんか新鮮味がないというかね。でも「この人がいまも生きていたら、どういうコメントをするかな?」というのが非常に気になるんだよね。

 

 ——違う視点から見たものを教えてくれるひと、本当に貴重ですよね。

梅村:あえてではなく、ふと、違った角度から話をしてくれる。そういう冷静なスタンスで物事を見ることができるひとって、特にいまの時代は、貴重だろうなと思います。亡くなってしまったのが本当に惜しいですよね。ある種の同調圧力に屈しないっていうか。そういうところがね、とっても好きでしたね。

93385bbf0b12085cd165729f7f69c128aa7e8fb6
今日のみじかいことば。

「山本夏彦は、『室内』っていう建築やインテリア雑誌を創刊して、編集長をやっていたりもしていたんだよ。彼が亡くなったあとは、彼の息子さんが継いで発行していたんだけれど、残念ながら、今はもう廃刊しちゃったんだよね。」

次回につづきます。前回のフェイバリットはこちら

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
あなたはこれまでに何回、恋に落ちましたか?人は人生の中で、いったい何回「恋」に落ちるのでしょう。ライターのKate Roseさんの意見ははっきりしています...
いま、小説家 佐藤愛子さんのエッセイ『九十歳。何がめでたい』が注目されています。執筆時の年齢は92歳。彼女が綴る文章は、辛辣な表現がありながらも人生を真っ...
誰もがずっと若くいたいと思って、長生きをする。それは医療の発展で無理に長生きする方法だってある。できれば長く生きたいが、その一方で、命限りある人生に一定の...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバ...
女性ライターのDana Michは、米ヴァージニア州で夫と愛犬と共に暮らしている。そんなDanaは、9ヶ月前に父親を亡くした。ここで紹介するのは「Wash...
TABI LABOフードコンテンツのなかでも、人気の高い「美味しいコラム」を紹介します。あ〜、お腹が鳴る〜。
オスカー女優であり、プロデューサーであり、母親でもあるリース・ウィザースプーン。夢や野心、情熱を持って頑張る女性を応援するエッセイが9月4日、「Glamo...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...