“とっても入りやすい” 音楽バーは、阿佐ヶ谷にありました。

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「ジャニス」のマスターにお気に入りをきいてきました。「音楽バーの敷居をもっと低いものにしたい」というマスターの梅村さん、阿佐ヶ谷を訪れたときには、ぜひここ『ジャニス』に行ってみて。

今週のマスター:梅村 勉さん

東京・阿佐ヶ谷にあるロックカフェ・バー『ジャニス』のマスター。

お店のホームページで、不定期で “マスターの一言” を更新中。

話題は身近なできごとから時事ネタまで。ぜひご一読を。

 

古い曲でも
新鮮にきいてもらえる

阿佐ヶ谷駅北口をでて徒歩3分。商和会商店街のなかに『ジャニス』はあります。

梅村:お客さんは50代~60代くらいの方が多いかな。流しているのは古い曲がメインなので、来てくれた若い人も、初めてきくという方が多くて。新鮮味があると言ってくれます。

自分自身ではね、こういうお客さんに来てほしいっていうのは特になくて。年配の方も、若い方も、どんなひとでも、きっと知らなかった曲にであえると思うので、いろんな方に来ていただきたいですね。

 

——お客さんとは結構お話しされますか?

梅村:うん、話すよ。若いひとと話ができると勉強になるし、面白いよね。特に、わたしみたいなのは、社会との窓口がお客さんしかいないから。そのお客さんを通じていまの世の中をすこし知ることができたり。若いひとには、僕の経験が多少なりとも参考になればいいし。恋愛相談もありますよ(笑)。ちょっと最近の事情はわからないけど、こんな本を参考にしてみたらどう?とかね。若いひとと話すのは楽しいですよね。

 

お店に並んでいる本は、ミュージシャンの本からグルメ本、文藝春秋まで。

お店にかかせないスピーカーは、『バウアース&ウィルキンス』。

あたらしい音楽と
出会うことができる
それは、お客さんも僕もおなじ

 

——お店をやっていて、よかったことってどんなこと?

梅村:やっぱり、音楽が好きなひとと音楽の話をできるのも楽しいし。自分が古い音楽ばかりを鳴らしていると、若いひとが「こういうのもあるよ」って自分のCDを持ってきてくれたりね。それを話しながら一緒にきいたりして。

自分ひとりだと、アンテナを張れなくてわからないことって多いんだけど、そうして新しい音楽も古い音楽も、自分が知らなかった音楽とであうことができて、そういう瞬間はすごく嬉しいですよね。

 

——お店としては今後どのようになっていきたい?

梅村:べつに音楽にこだわらなくてもね、ひとつのコミュニケーションの場として浸透していったらいいなと思っています。こういう狭いお店だから、お客さんどうしもすぐに仲良くなったりするからね、面白いですよ。音楽好き、というひとじゃなくても、なにかしらの発見はあるんじゃないかな。

お客さんに楽しんでもらいたいな、と思うと同時に、結構好きなようにやっています。あんまり顧客志向なお店じゃないというかね、ちょっと生意気かな(笑)。気に入ってくれたひとが来てくれたらいいなって、思うんです。

 

ジャニスのおすすめは『カクテルジャニス』。

「オリジナルのカクテル、『カクテルジャニス』はいちばんのおすすめ。ベースは『サザンカモート』っていう桃のリキュールで、ジャニス・ジョプリンがすごく好きなお酒だったんだよね。それに、ライムのシロップ。たったこれだけなんだけど、お酒はシンプルなほうが、やっぱり美味しいよね。さわやかで、飲みやすいよ。」

前回 紹介してくれたファイバリットはこちら

“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
アジアNo.1の女性パティシエが手がける。 デザートとお酒が夜遅くまで楽しめる、日本初のデザートバーJANICE WONG DESSERT BAR〒151...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...