「日はまた昇る」って、ポジティブな意味じゃないからね。

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。前回につづいてロック・バー『ジャニス』のマスターおすすめは、ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』です。え、知らないって? では、梅村さんにその魅力を聞いてみよう。

フェイバリット紹介者:梅村 勉 さん

東京・阿佐ヶ谷にあるロックカフェ・バー『ジャニス』のマスター。

昔、軽井沢のレンタル自転車屋さんでジョン・レノンと遭遇した過去あり。

(声をかけたものの、ジョンは颯爽と自転車で走っていってしまったそうです)

#FAVORITE 02.
アーネスト・ヘミングウェイ
『日はまた昇る』(小説)

 

梅村:高校生のとき、英語の授業の一貫で映画を観たんです。それがヘミングウェイの『誰が為に鐘は鳴る』だったんだけど。これだけ短い期間の話を、圧倒的なスケールに広げて映画にしているのがすごいなと思ったし、おもしろかったんだよね。すぐにその原作の小説も読んで。それからヘミングウェイの小説にハマったんだよね。

 

——その流れで『日はまた昇る』を読んだわけですね。

梅村:そう。彼の作品のなかでも、一番好きな作品。高校生のころに読んだんだけど、勉強もせずに、自堕落な生活をしていた当時の自分に重ねて読んでいたんだよね(笑)。自分より全然大人のひとたちの話だったんだけど、主人公に共感できるところがあったのかな。彼も自堕落な生活を送っていて、好きになった女性ともうまくいかなくて。そういうところで終わっちゃうんだけど、なんかね。わかるような気がして。あんまりハッピーエンドじゃないんだけど、かといって絶望的でもないところも好きだったな。

 

 ——この作品に限らず、そういう作品が好きですか?

梅村:わりとそうだね。なんだろうね。なんかね、ひねくれてるところがあったのかな、昔からね(笑)。なんとなくね。だから、三島由紀夫の『午後の曳航』とかも好きだし。ずっと記憶に残るのはそういう作品が多いかな。

 

 ——作品のタイトルからは、ポジティブな気配を感じますが。

梅村:『日はまた昇る』ね。このタイトルって、物事が再生して良くなっていくようなイメージがあるでしょ? でも全然違う。自分の生活を変えなきゃいけないなと思いながらも、それができない。そして日々はつづいていく、と。そういう意味での “日はまた昇る” なんです。この終わり方も、なんか気に入っちゃったんだよね。やっぱり、ひねくれているところがあるからね(笑)。

 

今日のみじかいことば。

「ヘミングウェイの作品ってちょっとキザなところがあるんだけど、ハマるとハマるんだよね。藤竜也が作詞、エディ藩が作曲の『横浜ホンキー・トンク・ブルース』っていう歌の中にもでてくるんだよ、“ヘミングウェイなんかにかぶれちゃってさ”っていう歌詞が(笑)」

『陽はまた昇る』〈特別編〉 

DVD発売中(20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン)

©️2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. 



※今回のフェイバリットは “小説” ですが、上記作品より画像をお借りしました。

次回につづきます。前回のファイバリットはこちら

音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
20世紀を代表する作家、アーネスト・ヘミングウェイ。代表作は『武器よさらば』や『誰がために鐘は鳴る』、『老人と海』などで知られています。彼が残した言葉は、...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
「アース・ウィンド&ファイアー」の名曲「September(セプテンバー)」にちなんで、9月21日を「セプテンバーの日」に認定。
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
花粉の時期になると「花粉症予防になるらしい」と話題に昇る食材のひとつが「ビーポーレン」。いつもの朝食に「ふりかけ感覚」で取り入れてみるのはいかが?