ドイツで学んだ「いくつになっても誕生日を楽しむ方法」

いつからか、誕生日にワクワクしなくなりました。

さすがに自分の誕生日を忘れることはありません。0時ちょうどには、ちょっとそわそわします。でも、幼少期のような嬉しさやありがたみがないのです。いつのまにか自分の誕生日は「ただの平日」になってしまいました。

でも、ドイツでは誕生日は何歳になっても特別なようです。

「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。

そう、誕生日会です。

主役は自分で誕生会をプロデュース

日本で「誕生日会」と言うと、子どものものだと思われがちです。でも、ドイツでは老若男女が誕生日会を開きます。ここ半年だけでも、3歳から還暦までさまざまな主役たちの誕生日を祝ってきました。

ちなみに、ドイツ語には30歳、40歳、70歳などキリ番の誕生日を示す「runder Geburtstag」という言葉もあります。普段は誕生会を開かない人も、このキリ番には誕生日会をすることが多いようです。

ドイツの誕生会は、基本的に自分でプロデュース。家に友人を招待し、手料理を振るまったりケーキを焼いたりします。

もちろん、シンプルにレストランやバーでお祝いすることもあります。そういう場合は、たいてい飲み会形式です(ある友人の誕生会は朝9時からカフェのモーニングビュッフェでした。誰かのお祝いのための早起きは気持ちいいものです)。

招待された側は何をするかというと、カードとプレゼントを持っていくだけです。招待者同士で割り勘して贈り物を買うこともあります。

あとは、もう誕生日会を楽しむのみです。

侮れない誕生日会の可能性

この誕生日会、なかなかに自分の世界を広げてくれます。

まず、誕生日会は人との出会いの場です。主役は普段自分がお世話になっている人たちに声をかけるので、誰かの誕生日会に行くと「はじめまして」をすることが多くなります(絶対ではありません。なかには「友だちグループ」ごとに3回開いたという強者もいました)。

同世代の飲み会やビジネス関連のパーティーと違って、まったく違う年代や職業の人と話すこともあります。これが交友関係やビジネスのネットワークを広げるきっかけになるのです。友だちの誕生日会をきっかけに知り合った、なんてカップルの話もたまに耳にします。

出会うのは人だけとは限りません。場合によっては、新しい経験との出会いにもなります。

前述のとおり、誕生日会はホームパーティーや飲み会になることがほとんどです。でも、たまに何かしらのアクティビティをする人もいます。みんなで映画館に行ったり、家で「B級映画ナイト」を開いたり、ボードゲームやボーリングをしたり。普段行っているボルダリングジムでは「これから誕生日会の予約が入っているから混むよ」と警告されたこともあります。

またある人の誕生日ではサバゲーに招待されました。きっかけがなければ挑戦しなかっただろうサバゲーですが、膝にあざをつくりながらもすっかり気に入りました。

そんなこんなで、誕生会にはなかなか侮れない可能性があるわけです。

誕生日と平日の違い

ドイツ人の友人に言わせると、誕生日は「好きな人たちと過ごす機会であり、日頃の感謝を表す場」だそうです(まあプレゼントも嬉しいけどね、とその人は付け加えました)。

だとしたら、きっと友達や自分が楽しめる場所を全力でプロデュースするという行為そのものが、「誕生日」を「ただの平日」から差別化する要因なのでしょう。

ただ、ドイツには誕生日会を開かなくてはいけないというプレッシャーもないように感じます。当然ながら、その人がいちばん居心地のいい形で誕生日を迎えるのがいいのであって、ひとりでも、誕生日会を開かなくても、本人が楽しければそれが良い誕生日なのです。

ちなみに今年の自分の誕生日はというと、ちょうど日本への一時帰国とかぶっていました。それが幸運で、高校の友人たちにはサプライズをしてもらい、家族や普段お世話になっている編集者さんにまでお祝いしてもらいました。

誕生日は、いくつになっても楽しくなる。来年は日頃の感謝を込めて自分で誕生会を開いてみようかな、と計画を練っているところです。

Top image: © iStock.com/Todor Tsvetkov
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
脳は、"最も有益な情報"を伝達するために働いている。日々新たな情報が入ってくるなかで、物忘れをするということは、質の高い情報を残すための脳の機能とも言える...
多くの日本人にとって、誕生日会は楽しいだけのもの。そもそも大人になってから「とくに祝ってもいない」という人もいると思います。しかし、アメリカ人にとってのバ...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
もしも、せっかく企画した誕生パーティに誰も来てくれなかったら、とても悲しい気持ちになるでしょう。ましてやそれが、5歳の女の子だったら?そんな女の子を、絶望...
僕の場合、考えた末に出たのがこの答えでした(笑)。
自分の誕生日会に、招待した友達が1人も来なかったというアメリカ・テキサス州に住む8歳の男の子、Graham Day君。ケーキやピザを用意して待っていたのに...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
ここで紹介するのは、自分の誕生日に隠された数字を知ることで、自らも気づいていない性格が当たると、アメリカで評判になっている占いです。日本でも一部で「ソウル...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
お誕生日会での鉄板ソングといえば、そう、「♪ハッピーバースデー・トゥー・ユー」ですよね。世界でもっとも知られている英語の歌としてギネス認定もされていて、老...
Happy Birthday to you〜♪Happy Birthday to you〜♪Happy Birthday dear my home〜♪Ha...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
パートナーや家族への愛に溢れる、結婚生活。本当は苦に感じることだって、家族だからこそ耐えられることもありますよね。では、お互いの価値観が合わずに離婚してし...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
アンソニーくん(13歳)が、妹アナベルちゃんの5歳の誕生日にプレゼントしたのは、白雪姫にしてあげるという魔法。自分は王子様になり、アナベルちゃんを迎えにい...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...