バービーって何歳だと思う?

世界中の女の子から愛されているバービー。

でも、知ってました?3月9日はバービーのお誕生日なんです。レディに年齢を尋ねるなんて、とっても失礼なんだけど、好奇心には勝てなくって。一体いくつなんだろう?って思って、調べてみました。

1959年3月9日にアメリカのマテル社から発売されたということは…59歳!

来年は還暦を迎えるとは到底思えないその美貌。「見習いたいわ〜」とひとりごちていたら、なにやら気になるバービーを見つけました。

その手に持っているのは、スタバ?

 

 

え、品川駅から新幹線に乗車?

 

 

お花見しちゃったり。

 

 

渋〜い居酒屋でビールをくいっと。

 

 

「バービーは私の分身」

誰しもが見覚えのある背景に溶け込むバービーの写真を撮り続けているのは、いくら姫さん。彼女、昼間は普通のOLさんなんです。

2年半ぐらい前、インスタを始めた時に、自撮りするんじゃおもしろくないかなって思って、バービーに疑似体験させたことがきっかけ。私の分身みたいな感じですね。だから、私が実際に行ったところに行くし、同じ服を着てるの。

 

バービーの写真を撮って載せてる人は多いんだけど、家の中で架空の設定で撮影していたり、雑誌っぽい架空のイメージ写真的なものが多いのね。でも私はリアルを重視していて、本当に出かけた先で、私が本当にしたことを撮影しているの。

 

完全に趣味なんだけど、今は仕事みたいな使命感が生まれてきちゃってます。

バービーのお洋服はもちろん、その持ち物までほとんどが手作りだというから驚きです。実際、お目にかかったいくら姫さんとバービーちゃんは、まったく同じお洋服を着ていました。

いくら姫さんとバービーちゃん、これからどこへ行くんだろう?ちょっと気になるので、これからも追いかけてみたいと思います。

Licensed material used with permission by いくら姫
「バービーは私の分身」と語るいくら姫さん、実はかなりの旅行マニア。彼女が旅する時は、常にバービーも一緒です。同じ服を着て、同じ物を食べ、同じ体験をする。ア...
仮面をつけ、網タイツを履き、鞭を振って、様々なSM道具でプレイに没頭するー。あのバービー嬢が、禁断の世界へ足を踏み込んでしまった。あられもない姿を眺めてい...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
アメリカの中西部に位置するミズーリ州のローレンス郡というエリアで、ある男性が違法に鹿を殺害したことを理由に逮捕されました。裁判官は禁錮1年の判決を下し、さ...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
もしも、せっかく企画した誕生パーティに誰も来てくれなかったら、とても悲しい気持ちになるでしょう。ましてやそれが、5歳の女の子だったら?そんな女の子を、絶望...
脳は、"最も有益な情報"を伝達するために働いている。日々新たな情報が入ってくるなかで、物忘れをするということは、質の高い情報を残すための脳の機能とも言える...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
アンソニーくん(13歳)が、妹アナベルちゃんの5歳の誕生日にプレゼントしたのは、白雪姫にしてあげるという魔法。自分は王子様になり、アナベルちゃんを迎えにい...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
多くの日本人にとって、誕生日会は楽しいだけのもの。そもそも大人になってから「とくに祝ってもいない」という人もいると思います。しかし、アメリカ人にとってのバ...
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
就職が決まったのをきっかけに、おしゃれなものが欲しいなと思って。だけどほら、そんなに安いものじゃないから、「いい眼鏡」って簡単には買えないでしょう。だから...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたウェブサイトの紹介です。
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...