ハードなプレイをこよなく愛するバービー嬢に「ドキッ!」

仮面をつけ、網タイツを履き、鞭を振って、様々なSM道具でプレイに没頭するー。

あのバービー嬢が、禁断の世界へ足を踏み込んでしまった。あられもない姿を眺めていると、心なしか、欲情しているようにも見えてくる。

剥き出しになった欲望

バービー嬢BDSMバージョンを製作したのは、ロシアの人形作家Mick。自らのサイトで、バービー嬢が身につけているSM調アンダーウェアやミニサイズのBDSM道具を販売している。もし、探してる物が見つからなければ、カスタムオーダーも受けつけているとのことだ。

Licensed material used with permission by BdsmFan
他の記事を見る
「バービーは私の分身」と語るいくら姫さん、実はかなりの旅行マニア。彼女が旅する時は、常にバービーも一緒です。同じ服を着て、同じ物を食べ、同じ体験をする。ア...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
もし、心に秘めるセクシャルな欲望を口に出してしまったら。バカにされるかもしれないし、拒絶されるかもしれない。自分の“秘めた願望”を、さらけ出せる人間がどれ...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
人気ユーチューバーのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
音楽史に燦然と輝くスタンダートナンバーと、知られざるカバーバージョンを紹介する連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、エドワード・ヴァン...
肌と肌が触れ合うスキンシップは、人をリラックスさせる効果があり「ハグした相手のことをより信頼しやすくなる」という研究結果があると言います。それを確かめるべ...
弱冠9歳、小学生の谷口共鳴(ともなり)くんがボーカルを務めるハードコアバンド、チーターズマニアが1stアルバム『チーターズマニア』をリリース。小学生がボー...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.16 「中野ブロードウェイ その1 まんだらけ」俺が中野に住んでいた頃、ご多分にもれず、中野ブロードウェイに通った。そ...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
「サブカル女子」というジャンルにカテゴライズされる女子が増えてきました。サブカル女子とは「サブカルチャーを愛する女子」つまり、大衆的なものではない「マイナ...
「CORKCICLE(コークシクル)」は、ワインを愛する3人の男性によって設立された、フロリダ発のブランド。同ブランドのプロダクトの販売が、2016年3月...