「ニベア」の「リフィルステーション」がドイツに誕生

ドイツの化粧品会社「Beiersdorf」のブランド「NIVEA(ニベア)」が、シャワージェルの「リフィルステーション」の運用実験を開始した。

2025年までに自社製品の100%をリフィル&リサイクルが可能なものにすることを発表した「Beiersdorf」は、その手始めにドイツの大手ドラッグストア会社「dm」と提携しドイツ国内の数店舗にリフィルステーションを設置。

使用されるリフィルボトルにはリサイクル素材のPETを利用。現在は試験運用のため、リフィルの使用は衛生管理の面から原則3回までに制限しているという。

ステーションの利用はたったの5ステップ。文字のみでなく、LED電球が光ることによってリフィルやバーコードプリントの完了を知らせてくれるため、初めて利用するユーザーにもわかりやすい設計になっているとか。

実験は8〜10ヵ月間おこなわれる予定。

いまだ限られたエリアのみでの運用だが、利用者の反応が気になるところだ。

Top image: © Beiersdorf AG, 2020
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事