「バーガーキング」初の「ベジレストラン」がドイツに誕生!

先日は、植物由来100%のパテを使った「Impossible Burger」を取り上げたユニークなCMで話題となったファストフードチェーンの「バーガーキング」

植物由来のフェイクミートを使ったメニューに力を入れている同社だが、なんと肉を使用しないメニューのみを取り揃えた「ベジタリアン・バーガーキング」をドイツの都市・ケルンに期間限定でオープンする計画を発表した。

メニューで使用されているのは、オランダで設立された代替肉を開発するベンチャー企業「ベジタリアン・ブッチャー」と共同で開発したプラントベースのフェイクミート。

ケルンにてオープンする新店舗では、すでに通常の店舗でも販売されている大豆ベースのナゲットや前述の「Impossible Burger」に加え、新しく「チキンロワイヤル」のベジタブル版などが販売される予定。

一部製品には、普通のマヨネーズが使用されている可能性もあり、完全なヴィーガンレストランかどうかはまだ不明だが、「チキンロワイヤル」には、ヴィーガンマヨネーズが使用されているとのことだ。

また「バーガーキングUK」のCEOであるAlasdair Murdoch氏は、2031年までに英国で販売するメニューのうち50%を植物ベースにする可能性があることも発表している。

日本ではまだ価格が高いイメージもあるヴィーガン製品。ファストフードチェーンによる参入で、ヴィーガンメニューがより身近な存在になるかもしれない。

Top image: © iStock.com/South_agency
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事