「バーガーキング」が「バーガークイーン」になったワケ

「マクドナルド」への対抗キャンペーンなどで、たびたび注目を集める「バーガーキング」

その粋なセンスは、スポンサーに対しても遺憾なく発揮されている。

まずはこの動画をご覧あれ。

© StevenageFC/YouTube

イギリスのサッカーチーム「スティーブニッジFC」の対戦相手は、悪天候、パンデミック、長時間の遠征、誹謗中傷、期待、そして……すベて。

「(ただでさえ)スティーブニッジFCでプレーするのは大変なこと。女性チームでプレーすることが、それ以上に難しいことであっていいはずがない」

そんなフレーズのあとに映し出されるのは「BURGER QUEEN(バーガークイーン)」のロゴを纏った女子選手。

バーガーキングは今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決めた。

手始めに、女子チームとのスポンサーシップを象徴する「バーガークイーン」のロゴを作成。加えて、チーム本拠地周辺のバーガーキング店舗をすべて「バーガークイーン」に改装したというから驚きだ。

© BurgerKingUK/Twitter

バーガーキングのマーケティングディレクターであるソコ・ヌニェス氏は「女子チームは男子チームと同じ課題やハードルに直面しており、私たちのブランドから同じサポートを受けるのは当然のことです」と語る。

ただの言葉遊びではなく、文字通り「見てわかる」支援をおこなうバーガーキング、あなどれない。

Reference: Stevenage FC
Top image: © 2021 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事