ネオナチの音楽フェスに対抗し、市民がビールを買い占める

つい先日、ドイツ・ザクセン州のオストリッツで、ネオナチのための音楽フェスが開催されました。

それに際して、裁判所は暴力事件を防ぐために会場でのアルコールの販売や所持を禁止に。厳しすぎる気もしますが、そこはナチズムに関して敏感で厳格なドイツ。出動した警察は、音楽フェスに向かう参加者たちから大量のビールを没収しました。

とはいえ、あくまでも音楽フェス会場での話です。会場での飲酒が禁止ならスーパーでお酒を購入すればいいじゃん……なんてことは誰もが考えます。

その行動を先読みしていたオストリッツの市民たちは、スーパーなどからビールを買い占めて棚を空っぽに。やるな〜。

官民一体って、こういうこと!?

Top image: © iStock.com/vovashevchuk
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。