ビール好きが目指す聖地! 本場ドイツ「オクトーバーフェスト」3つの特徴

9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。

日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで開催され、徐々に秋の風物詩として定着しはじめていますが、本場であるドイツのオクトーバーフェストは、やっぱりひと味違うようです。リース恵実さんの著書『ビール語辞典』(誠文堂新光社)を参考に、その魅力に迫ってみましょう。

01.
東京ドーム24個分の敷地に
600万人以上が集まる

F1f2d2b1a84885045504652adb4d64dc1d654765

tichr / Shutterstock.com

オクトーバーフェストのはじまりは、1800年代前半に行われたバイエルン王国のルードヴィヒ王子とテレーゼ姫の結婚式。このときに参加した市民があまりにも喜んだため毎年開催されるようになり、規模も拡大。

いまでは移動式遊園地もやってきて、大人も子どもも楽しめる一大イベントへと変貌をとげました。開催地としてもっとも有名なミュンヘンには、東京ドーム24個分の広大な敷地に、世界中から600万人以上がビールを求めて訪れます。

02.
飲めるビールは1種類だけ!?

9fb8b42b7b184f9619a131149e93fc1801f0129e

日本では色々なビールが提供されるのが一般的ですが、ミュンヘンのオクトーバーフェストで飲まれるビールは、市内にある6つのブルワリーがこのイベントのために醸造する「オクトーバーフェストビール」のみ。

「オクトーバーフェストビール」の正式な名前は「メルツェン」と言い、もともとドイツの農家の人たちが冷蔵庫のない時代、暑くなる前の3月(メエルツェン)に仕込み、夏に飲んでいたビールのことを指します。

03.
とにかくたくさん飲む
その理由は…

768e553f288998b519635020e778e154a4b0b09d

6つのブルワリーはそれぞれ何万人も入る大きなテントを建て、そのなかでマスジョッキと呼ばれる1リットルのビールが入る容器で飲むのですが、日本人ならアルコールに強い人でもコレ1杯で酔っぱらいそう…。

もともとドイツでは秋になると冬用のビールを仕込むために樽を空にしなくてはいけなかったため、これを飲み干すために「オクトーバーフェスト」が生まれた、とも言われています。

会場ではビールがすすむ肉料理など様々な郷土料理も販売されているため、たっぷり飲んで歌って、楽しめること間違いなし。本場ビールの聖地を夢見る人なら、一度は行ってみたいイベントですね。

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
この空港を利用するフライトなら機内サービスのビールは我慢しよう。そう思わせてくれるのが、ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...