ドイツのリサイクル率が高い理由は、意外にシンプルだった。

日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされているからこそ、公共の場所がきれいに維持されることにも繋がっている、と。

しかし、そんな日本もリサイクル率ではまだまだ後進国と言えるかもしれません。その高いリサイクル率が注目されるドイツでは、小さい頃からのリサイクル教育が身を結んでいるのではないか、と話題になっています。「Inc.」のJustin Bariso氏がまとめていたので、紹介したいと思います。

リサイクル率
日本は19%、ドイツは65%

Organisation for Economic Co-operation and Development」の調査によれば、アメリカのリサイクル率は35%、日本はなんと19%なのだそう。日本はゴミの分別も細かいし、資源回収もたくさんあるので、リサイクルも進んでいるのかと思いきや、先進国の中ではかなり低い数値なのです。

一方のドイツはリサイクル率が65%と、調査国の中ではダントツの数字を誇っています。いったいなぜ、これほどまでにリサイクル率が高いのでしょうか。

子供の頃から
ゴミの分別を徹底

ドイツでは、幼稚園に入る前から、ゴミの分別や再利用についてのしつけがされるのだそうです。Bariso氏の住んでいるところでは、緑のバケツには生分解性の廃棄物、青いバケツにはダンボルや紙、その他のものは銀色のバケツ、と色分けされているのだそう。

ドイツ人の中では、「分別しても、結局ゴミの行き着くところはいっしょなんじゃないの?」と疑問に思っている人もいるようですが、それでも彼らは分別を続けるのだそうです。なぜなら、そういうふうにやるのが当然だと思っているから。

キャッシュバック制度が
さらなるリサイクルへ

面倒臭いとついつい分けずに捨てたくなってしまうペットボトルですが、アメリカではペットボトルをリサイクルに出すと、5セントが返ってくるという仕組みもあるそうです。

お金が返ってくるだけでも驚きですが、ドイツではなんと25セントに設定されているそうです。どこのスーパーマーケットにもボトルを回収するマシンがあり、日常生活の中に、よりリサイクルの習慣が組み込まれているそうです。

リサイクルを進めるには
教育と対価が必要?

Bariso氏が実体験を通して感じたのは、やはりリサイクル率が高い秘密は子供の頃からの習慣づけと、少しでもキャッシュバックが付いていることが大きいのかもしれない、とのこと。

確かに、学校での教育やゴミの分別、スーパーマーケットでのボトル回収、一部キャッシュバックなどは日本でも見かけるものです。これらをより徹底して仕組化していくことで、日本のリサイクル率もさらに向上させていくことができるのかもしれません。

Justin Bariso氏:作家・企業コンサルタントとして活動。2016年LinkedIn Management and Culture.部門にてTop Voiceとして注目された。2017年春にはエモーショナルインテリジェンスに関する興味深い調査や最新事例、個人のストーリーなどをまとめた新刊「EQ,Applied」を発売予定。 

Licensed material used with permission by Justin Bariso
他の記事を見る
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサステイナブルに考えている、とい...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビー...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。